2008年3月17日 (月)

わけが分からぬ日銀総裁

 恥を忍んで申し上げます。何で日銀総裁が決まらないのでしょうか。民主党は「財政と金融は分離しなければならない。だから財務省出身の総裁は反対だ。」と言っているようです。でも、財政と金融はどこが違うのですか。私から見たら同じように見えるのですがねえ。よしんば違うとしても、どうして財務省出身だからダメなのですか。これも良く分かりません。

 同じような理屈に立法と行政があるでしょう。両方独立していますが、でも行政の人が立法に参加することもありますよね。どこかの省の出身者が、ある日突然今度の選挙に立候補しますのでよろしくお願いしますと、私のようなものにまで握手を求めてきたことがあるのですから。

 まあ、世の中分からないことだらけ。こんな世の中でもなんとなく済んでいることが不思議です。

ユリワサビ(2008年3月16日、丹沢前衛・大野山) これも山菜ですが、私は食べません。ワサビの味がすると物の本には書いてありますが、そんなはっきりとした味はありません。

080316

| コメント (0)

2008年2月28日 (木)

イージス艦衝突(その2)

 以前、イージス艦と漁船の衝突に関する衆院委員会のやり取りについて書きました。野党の人達も防衛大臣に対して、責任・責任と言わないで、頑張れとでも言ったらどうですか、と書いたのですが、その後の大臣を含め次官・幕僚長など防衛省のお粗末なこと、まるで悪いことをして、何とかごまかそうとする悪がきのように思えて、少々不見識ではありますが笑ってしまいます。その中で、最も責任を感じているのは艦長でしょうが、報道を見る限りでは正直な人のような気がします。艦長も、すべての責任は私にある、と明言してますね。防衛大臣も、どこかの新聞のコラムに書いてあったのですが、「いずれ私が責任を取る。でも、その前にすべきことがある」とでも言えば少し見直すのですが・・・。

 そろそろ春になります。去年撮った春の花をお目にかけます。

シュンラン(2007年3月18日、神奈川県・石砂山)

070318

| コメント (0)

2008年2月23日 (土)

イージス艦衝突に関する衆院安保委審議

 風邪を引き、朝は珍しく7:40まで寝ていた。ゆっくりと起き食事をしながら新聞を読んだ。表題のような衆議院における安保委の集中審議の議事録が載っていた。イージス艦の行動のことはともかく、石破防衛大臣に対する野党の追及が面白い。とくに社民党の議員が、大臣の責任を追及していた内容が笑ってしまう。委員会や今事故に直面しているかたがたの使命とは何だろうか。このような事故が起こった場合、真実を明らかにし、原因を特定し、再発を防止するのが最大の役目だと思うが。かつて、不祥事で議員辞職したその議員は、真実の追求はせずに、大臣の責任のみを追及している(と議事録では読めてしまう)。確かに大臣の監督責任は重いとは思うが、では他の人が大臣をやっていたら事故は起きなかったか。そんなことはないわけで、自衛隊という組織の構造的欠陥と考えたほうが良いだろう。石破大臣には、先ほど述べた使命を最優先に果たしてもらい、それから後に自信で責任を取ってもらいたいと思う。たまには野党も責任の追及だけではなく、管理監督責任者に「頑張れ!」とエールを送るくらいの気持ちになってもらいたいものだ。その方が、支持率が上がることもあると思うのですがね。

ハクサンイチゲ(2007年6月17日、蔵王連峰不忘山)

070617

| コメント (0)