2017年9月19日 (火)

Jアラート

 ここ2回ほど北朝鮮が発射したミサイルに関して、Jアラートが出されました。2発とも津軽海峡付近を飛び越え、北海道の遥か東方に落ちました。後のミサイルの飛距離は3700kmにもなりました。マスコミは、アメリカの基地があるグアム島を射程に収めたと大騒ぎです。グアムはアメリカの領土ですが国土ではありません。住民は大統領選挙の投票権を持ちません。また下院に代表を送ることはできますが議決権はありません。ですから、アメリカにとってグアムが射程に入っても軍事的な影響以外はあまり大きくないのです。大騒ぎしているのは日本だけでしょう。Jアラートが出されたときには、自衛隊・政府はその発射時刻や方向はかなり正確につかんでいました。それなのに、北海道から長野までの広い範囲に出されたから大変です。日本中が大騒ぎになりました。電車は止まり、学校は休みになり、人びとに避難を促しました。さあ大変です。今にもミサイルが頭の上に落ちてくる恐怖が人々をとらえました。でも、こんなことが毎度毎度続くといつかはオオカミ少年になるでしょうね。

 だいたいJアラートなどは、役人や政治家の責任逃れの手段でしょう。災害時の避難勧告などと違ってあいまいすぎます。頑丈な建物や地下に避難しろと云ってもそんなことが瞬時にできる人間が何%いるのでしょうか。群馬県も先日のJアラートの警告範囲に入りましたが、どこにそんなものがあるのですか。どうせ出すのならもっと正確な情報として出してもらいたいものです。私が出すとすれば、「北朝鮮が〇時〇分に未確認飛翔物体を打ち上げました。方向は〇〇で左右100km程の誤差があります。日本上空を通過するミサイルと考えられますが、本体や部品・破片が我が国の領土に落下する確率はゼロではありません。万が一落下したときには、対象方面の方は覚悟願います。あとは日本政府が責任を持って対処いたします。」、なんてどうですかね。

イワインチン(2017年9月13日 浅間連峰・三方ヶ峰) この場所は7月下旬にはコマクサの群落があるところです。コマクサが終わると、端っこにイワインチンが彩を添えます。

170913

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

果物の実り

 昨日は日中30℃を超えるほど暑かったのですが、朝晩は20℃前後まで下がり秋らしくなってきました。秋と云えば果物です。我が家には、高崎に引っ越して以来苗や種から育てた果樹が20種以上あります。レモン・ユズ・クルミ・プラム・ポポーなど、まだ実をつけないものもありますが、初夏のウメ・ユスラウメ・グミなどから始まって、今はイチジクが最盛期です。毎日10個くらいは収穫でき、食べたりジャムにしたりしても捌けきれません。先々週からは干しイチジクに挑戦しています。ただし、天候があまりよくないため失敗もありました。干し初めから晴れの日が最低二日間続かないと、腐ったり虫が湧いたりしてしまいます。おかげでイチジク50個ほどはダメにしてしまいました。

 天候が不順なのは柿にも影響しているようです。我が家には実のなる柿の木が4本あります。そのうちの1本は、実をつけた柿の半分くらいが熟れる前に黄色くなり落ちてしまいました。その柿の木は甘柿と渋柿が同居している木で、甘柿はそのまま食べますが、渋柿は干し柿にします。今年は干し柿はあまりできそうもありませんね。豊作なのは、イチジクとデラウェア(ブドウ)だけになりそうです。

アカトンボ(2017年9月5日 浅間連峰・烏帽子岳) ワレモコウの花にアカトンボがとまっていました。近づいても逃げません。アカトンボは生息数が極端に減少しているそうです。絶滅危惧種になるのでしょうかね。山ではまだまだ群れをなして飛んでいますが・・・。

170905

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

北朝鮮の核実験

 昨日の昼に北朝鮮は、6回目の核実験を実施しました。北朝鮮との国境の中国側では相当揺れたようです。爆発の規模は今までになく大きく、マグニチュードも6を超えました。TNT火薬に換算すると70ktほどにもなるそうです(後に160ktに訂正)。メガトンの一歩手前ですね。広島型原爆の3~4倍(訂正後では10倍)にもなるそうです。北朝鮮は、水爆と云っています。規模から見るとその可能性が高いですね。ちなみのこの実験は、ICBMに搭載予定のもので行ったそうです。中国の観測では地震は2回あり、2度目のものは坑道の崩落によるものではないかとのことです。

 この頃核保有国でも、実際の爆発による核実験を行った例はありません。最後はいつのことだったのか、どの国だったのか全く記憶がありません。当然のことながら、世界各国から非難が相次いでいます。中国・ロシアも非難声明を出しました。しかし、北朝鮮はこれで実験をやめるということはないでしょうし、ミサイルの実験も続けるでしょう。あと1年もすれば、5000kmを優に超える水爆搭載のICBMを実戦配備するのではないでしょうか。命中度はともあれ、アメリカにとっても真に脅威となる理性もへったくれもない気ちがい国家の出現です。

ホタルサイコ(2017年8月23日 浅間山塊・高峰山) まるで線香花火のような花です。セリ科の花で、似た花にハクサンサイコがあります。高峰山では、登山口や尾根筋など数多く見ることができます。

170823

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

アメリカでの差別

 人種差別や宗教差別・貧富の差別などはアメリカだけではなく、日本を含めて全世界に蔓延している疫病みたいなものでしょう。8月12日にアメリカ・バージニア州シャーロッツビルでの白人至上主義者と反対派との衝突では多数の死傷者が出ました。これに対してトランプ大統領は当初「両方が悪い」などと云っていましたが、オバマ前大統領は素晴らしいコメントを出しました。少し長くなりますが引用します。「肌の色や出自や信仰の違う人を憎むように生まれついた人間はいない。人は憎むことを学ぶのだ。そして憎むことを学べるなら愛することも学べるだろう。愛は憎しみよりももっと自然に人の心に根付くはずだ」。この言葉は南アフリカのマンデラ元大統領の自叙伝「自由への長い道」からの引用だそうです。

 マンデラもオバマも性善説なのですねえ。トランプは性悪説なのでしょうかね。なにせ根っからの差別主義者であるテキサスかどこかの差別により有罪判決を受けた元保安官を、恩赦したくらいですから。性善説は孟子が唱えたものだそうです、二人の憎しみを学び、愛を学ぶという言葉には重みがあります。翻って自分はどうなのかを考えると、これまたとても差別などしたことがないとは云えないものがあります。これからは、学んだかもしれない憎しみは封印し、同じく学んだ愛のみを表すようにしましょうか、などと云いたいのですが恥ずかしくて云えないですね。

オオバスノキの実(2017年8月23日 浅間山塊・高峰山) オオバスノキやクロマメノキはブルーベリーの仲間で、秋になると甘酸っぱい実をつけます。毎年のように8月末から9月にかけてはどこかの山にこれらの実を採りに出かけ、ジャムにするのが楽しみです。

170823

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

野菜が不作

 先週月曜日は夏休みで出社しませんでした。そのため、ブログは更新を1回休みました。もちろん家でも更新はできるのですが、庭仕事にかまけてさぼってしまいました。庭仕事と云っても、朝に実った作物を収穫し、雨でなければ草取りをするのが主です。伸びた木やツルを切ったり、果物に鳥よけの網を張ったりもします。デラウエアは大きな鳥網を全体にかぶせました。そうしないと鳥が好きなだけブドウをつまんでいってしまいます。ここの鳥はコガラが多いです。イチジクはヒヨドリで、熟し始めると目ざとく見つけて食い散らかします。イチジクには細かい目の網を50cm角ぐらいに切って、一つずつ包み込みます。巨峰も同じようにしました。ブルーベリーは、よくゴミ収集場所にあるカラスよけの網をかぶせています。

 結構やることはあるのですが、先回も書いた通り梅雨明け以来まともに晴れた日はほとんどありません。そのため草取りも満足にできないことが多く、やってもすぐ手はドロドロに、服はビショビショになってしまいます。今年はまともな夏は無いのでしょうね。おかげで野菜の出来が悪く、値上がりが激しいということです。今日、会社近くの八百屋で見たらネギが1本150円もしていました。我が家もここのところ野菜の生育が悪くなっています。一番悪いのはオクラで、花があまり咲かず、咲いても実があまり大きくなりません。ナスだけはたくさんできます。涼しいのはありがたいのですが、日が差さないのは何とも寂しいですね。

ヤナギラン(2017年8月13日 草津白根山) 山も7月・8月はほとんど行っていません。昔は少々の雨など苦にせずの登ったのですが、年とともにだんだん横着になって、太陽を拝まないと登る気にならないようになりました。こんな調子では、あと何年山に登れますかね・・・。

05

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

台風5号

 台風5号が関東にも近づいてきました。7月21日に小笠原の遥か東方、南鳥島付近で発生し西へ行ったり東へ行ったりして奄美大島に近づいてからは、徐々に東へと進路を定めゆっくりと九州の沖合から四国へと近づきました。今日の11時現在では徳島付近にいるようです。中心付近の気圧は970ヘクトパスカルと少し衰えましたが、速度が時速20kmとゆっくりのため、雨風が長く続きます。九州や四国では降雨量が500mmmを超えたところもあるようです。5号は発生から16日たち、台風の寿命としては第4位にランクされるそうです。1位は19日ですから、更新できますかね。

 7月19日に梅雨明け宣言が出されてから、私の手帳ではすっきり晴れた日は19,20,21の3日間だけで、今日まで雨や曇りばかりでした。先週のブログにも書いたのですが、これを喜ぶのは「雑草ばかりなり」というところです。進路予想では、明日当たり我が家の上空を通過する可能性がありますが、風雨で作物に被害がなければいいのですが・・・。

弱肉強食(2017年8月3日) 庭の草取りをしていて、近くでブルブル音がしたのに気が付きました。探してみると、オオバギボウシの葉の上で、カマキリがトンボを捕まえていました。逃げようとしてトンボが羽ばたきをしていた音でした。

P8030577

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

戻り梅雨

 関東地方は7月19日に梅雨明け宣言がありました。そのあと数日は晴れ間もあったのですが、23日以降はまともにお日さまを見ていません。梅雨が明けた後で再度梅雨のような天気になることを「戻り梅雨」と云いますが、これがそうなのですね。梅雨前線が一度は北に押し上げられたのですが、太平洋高気圧が強くならなくて梅雨前線が舞い戻ってきたようです。今週いっぱいはこの天気が続きそうです。おかげで畑や庭の草取りができず、腰の高さまで雑草が茂ってしまったところがあります。かろうじて畑だけは何とか草取りをしているのですが、小径や通路は手が回りません。コゴミ畑や敷地境界はヤブガラシがはびこっています。毎年このヤブガラシにはてこずってきました。

 ところが、ネットで調べるとヤブガラシの簡単な排除方法が載ってました。除草剤は使わず抜きもせず、自然に枯れるということです。今まで私は見つけると抜いていたのですが、この梅雨空では作業服は濡れるわ、手袋はぐっしょりになるわ、猛烈な汗はかくわで、さぼっていました。ですが見つけた方法であればそれほど苦労せずにヤブガラシにご遠慮願えそうです。その方法はツルを抜かず切らずぐるぐる巻きにして地面に置き、「お前の役目は終わったよ」と呪文を唱えるだけです。これなら明日からでもやってみましょうね。世の嘘つき政治屋や役人もこうして退場願えればいいのですが・・・。

ユキワリソウ(2017年7月20日 谷川岳) ユキワリソウはサクラソウの仲間で、亜高山から高山の草地に見られる花です。谷川岳には、ユキワリソウの隣にハクサンコザクラが咲いていることもあります。

170720

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

谷川岳のこと

 今日は衆議院の閉会中審査で、5時間にわたり加計学園問題などの審査が行われています。お昼のニュースでちらっと見た限り、安倍首相は低姿勢で対応しているようですね。どこまで低姿勢を保てますか・・・。安倍批判もそろそろうんざりしてきましたので、今日は山のことでも書きましょうか。私が好きな山は花が豊かな山です。東北の秋田駒ヶ岳が最も好きな山なのですが、関東近郊では谷川岳にとどめを刺すでしょう。至仏山と隣の笠ヶ岳も好きですね。谷川岳の麓までは、私の家から車で1時間半で行けます。毎年多い時には3~4回登りましたが、この頃は年1回ですね。先週の20日にも登りました。

 いつもロープウェイで天神平まで上がり、そこから天神尾根を頂上まで登ります。2時間半ほどでオキノ耳に着きます。今年は雪が多く残っていて、肩の雪渓はたっぷりとありました。去年は7月上旬には全く融けてなくなっていたのですがね。花も去年より2週間ほど遅いようです。谷川岳には一つの花が一面に咲くような大きなお花畑はありませんが、種類の多さは日本有数でしょう。双耳峰のトマノ耳とオキノ耳の間や、西黒尾根はあきれるほどの花の多さです。西黒尾根は日本三大急登の一つといわれるほどの急斜面が連続する標高差1200mほどのルートです。年のせいか、もうこのルートを登るほどの気力はありませんが、花を見ながらゆっくりと下るのがいつものことです。今年もたくさんの花を見ることができました。

コシジオウレン(2017年7月20日 谷川岳) 肩の雪渓が融け始めたあたりに、ショウジョウバカマと一緒に咲いていました。別名ミツバノバイカオウレンとも云います。谷川岳ではなかなか見つけることができない花です。

170720

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

劉暁波さん

 中国の民主運動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波さんが7月13日に亡くなりました。中国当局に拘束されたままでの死去でした。私が劉さんを知ったのは、1989年の中国の学生が民主化を要求して立ち上がった天安門事件でした。天安門事件では、戦車の前に立ちはだかる人の写真が世界を憤激させました。天安門事件の前に、劉さんは民主化を要求してハンストに入っています。2008年には共産党の一党独裁や三権分立をうたった08憲章を起草しています。憲章を起草したことにより同年逮捕され、2010年に国家政権転覆扇動罪という罪状で11年の刑に処せられました。同年ノーベル平和賞を受賞しましたが、授賞式に出席することはできませんでした。獄中で体調が悪化し、ろくに治療もなされないままなくなったのです。世界は中国に対しごうごうたる非難を浴びせています。

 中国政府はこの非難に対し、「中国は法治国家であり、劉氏は法に違反している」とか「中国の司法主権の侵害だ」とか反発していますが、中国では司法などは独立していません。法は国民を守るためではなく、党を守るためにあるのでしょう。一党独裁国家に司法のことなどのたまう権利はありませんよ。天安門事件では、中国の人民軍が初めて人民に銃を向けました。国家に異議申す人々は国民・人民ではないという理屈でしょう。安倍首相が都議選の演説で、帰れコールを浴びせた人たちに、「私たちはこんな人たちに負けるわけにはいかない」と述べたのと本質的に変わっていません。安倍の目には、反対する人たちは国民とは映っていないのですから。言葉の銃を国民に向けた安倍はいずれ報いを受けるでしょう。

イチヨウラン(2017年6月22日 浦倉山) ラン科のかわいい花です。めったに見ることはありません。葉が一枚しかつかないのでイチヨウランと呼ばれています。

170622

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

夏野菜

 ここ数日、高崎は35℃ほどの日が続いています。それでも真夏の35℃と違い、明け方にはタオルケット1枚では足が冷たくなるくらい涼しくなるので我慢ができますが、さすが日中は少し畑に出ていただけで、下着は絞れば汗がぼたぼた落ちます。あまり暑いと片隅の井戸の水を汲み、顔を洗うと一時は気持ちよくはなりますが・・・。夏になって、イチジクがよく実っていて、毎日数個収穫できます。それを冷蔵庫に入れて冷やして食べるとおいしいこと。

 夏の野菜であるナス・キュウリも収穫できるようになりました。しかし、キュウリも毎日2本3本と収穫しても食べきれません。ナスは炒めたり焼いたり、みそ汁の具にしたりと重宝しています。トマト・オクラはまだです。トウモロコシは背丈よりも高くなり、穂が伸びて実も大きくなってきました。あと10日ほどでしょうかね。スイカも3個ほどは握りこぶしよりも大きくなってきました。野菜が採れるのはうれしいのですが、雑草の生える速さは半端ではなく、毎日追っかけっこの気分です。

イワナシ(2017年6月29日 八幡平) 雪が融けてしばらくした登山道でよく見かけます。実はナシのような味がするそうですが、残念ながら食べたことはありません。

170629

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧