« 岸田内閣の末期症状 | トップページ | 稲含山 »

2023年11月27日 (月)

初氷

 我が家では昨日(12月月26日)朝に今シーズンの初氷を見ました。霜はもう何日も前に降りていて、ようやく冬の訪れを実感しています。今朝も薄い氷が張っていたので、2日連続になります。サトイモやピーマンは霜が降りてうなだれています。大根は大丈夫です。タマネギは10月下旬に植えたのですが、もともと寒さには強く、マルチを張ってあるので元気です。果物ではミカンやキンカンが黄色くなってきました。

 今年は暖かい日が続き、納屋の薪ストーブを設置したのも遅かったのですが、昨日本格的に焚き始めました。以前は山から拾ってきた木をストックしておいて燃やしていたのですが、この頃は我が家に植えた木々が伸びてきて、剪定した枝や幹を1年乾燥させて燃やすことができるようになりました。そろそろ掘り上げたサツマイモをストーブで焼いて食べられるようになるでしょう。夏の間に生えた草を取る仕事がまだ残ってはいるのですが、それが終われば我が家も本格的な冬になります。しかしこの間まで暑い暑いといっていたのに、秋がほとんど実感できないうちに冬ですね。

妙義山紅葉(2023年11月23日) 秋がなくなったようでも、山はちゃんと紅葉するのですね。3か月予報ではこの冬は暖冬のようですが、地球温暖化の影響はもっとひどくなるのでしょうね。

231123

« 岸田内閣の末期症状 | トップページ | 稲含山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田内閣の末期症状 | トップページ | 稲含山 »