« プーチンの狂気 | トップページ | 車のタイヤ交換 »

2022年5月16日 (月)

基地を思う

 昨日5月15日は、沖縄がアメリカの占領統治から日本に復帰して50年目の日でした。沖縄と東京で記念式典が行われ、オンラインで参加した天皇は「沖縄には今なお様々な課題が残されている」と述べていました。父親の上皇の思いを受け継いだ発言でしょう。その課題の最も大きなものは「基地」です。我が国のアメリカ軍基地の70%が沖縄に集中し、沖縄本島では面積の15%を占めているのです。どう考えてもいびつでしょう。例えば神奈川県の15%の土地がアメリカ軍の基地であったとしたらどうなるのでしょう。座間一つでも大騒ぎなのです。

 理想は日本からアメリカ軍の基地がなくなることです。実際、フィリピンではそれを実現しています。しかしそのすきをついて中国が南シナ海の支配を強めてきたため、再びアメリカ軍を頼らざるを得なくなってきてはいます。日本からアメリカ軍基地がなくなったら、覇権主義国家である中国が東シナ海での支配を広げることは間違いないでしょう。アメリカ軍基地をなくして、日本の防衛を確実なものにするには国防費を何倍も増強する以外ないのでしょうか。何を考えても堂々巡りのなってしまいます。

フデリンドウ(2022年5月10日 西上州・大屋山)フデリンドウは春に咲くリンドウです。ふつうは青紫色なのですが、写真の花はピンクがかっています。初めて見ました。

220510

« プーチンの狂気 | トップページ | 車のタイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーチンの狂気 | トップページ | 車のタイヤ交換 »