« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月30日 (月)

私のアウトドア歴

 このブログではほとんど毎号山の花の写真を載せ、アウトドアのことを書くことが多いです。私の山・アウトドア志向は高校生の頃からです。高校生の頃、学校に内緒で追浜の日産工場で週1回製造ラインの掃除のアルバイトをしていました。1回300円くらいでしたかね。そのお金をためて、米軍放出品のテントを買いました。テントの生地は綿で、ポールは鉄というごついもので、2人用でしたが重かったです。

 このテントは、大学に入ってワンダーフォーゲル部に入部してから、友達とよく使いました。十分な防水加工などしてありませんから、晴れていても夜露にぬれると重くなってひどい目に合ったものです。それでも楽しくて、飯盒や固形燃料でわいわい食事を作ったものです。ワンゲルの合宿では山小屋なんかに泊まることはほとんどなく、6~8人用の綿の屋根型テントを担いで登りました。テントを担ぐのは新人と決まっており、上級生になるほどザックが軽くなりました。3年生になるとザックに入れるものがほとんどなく、座布団を持って行ったこともあるくらいです。そんなアウトドアライフがもう60年近くになります。

ブナの幼木(2022年5月25日 玉原高原) 上州武尊山の西に広がる玉原高原には、関東最大のブナ林が広がっています。雪が解けると登山道の脇にはブナの種から多くの芽が出ます。双葉が出てしばらくすると本葉が伸びてきます。こんなにたくさんの芽を出しても、大きくなるのは1%にもならないのでしょうね。

220525

| コメント (0)

2022年5月23日 (月)

車のタイヤ交換

 先週私の車(スズキエブリイ)を6か月点検に出しました。点検はすぐ終わったのですが、その時指摘されたのは「左後輪の空気圧の減少が多く、点検したらパンクした跡があった。どこから漏れているのかははっきりしないがタイヤの交換をお勧めする」と言われました。確かに2年前、なぜか鉄のくさびが刺さってパンクしたことがありました。ガソリンスタンドで修理した時に、少々ひどいのであまりもちませんよ、と言われたことがありました。それから2年もったのですから上等でしょう。

 そこでパンクした左後輪と右後輪の2本を交換することにしました。タイヤはあまり減っていないので1本でも大丈夫ですと言われたのですが、バランスが悪そうなので2本にしたのです。後日電話がありタイヤが入荷したというので、ディーラーに行って交換しました。ところが見ると驚くことに、2本新しくなったのは前輪で、後輪のパンクしたタイヤはそのままになっていました。交換してくれた人に話を聞いたら、交換のいきさつが何も伝わっていなかったのです。点検整備担当→受付→後日の受付→交換担当者と、まったく情報が伝わっていなかったのですね。こんなことがあるのですねえ。

シロバナエンレイソウ(2022年5月18日 榛名山・オンマ谷) オンマ谷は榛名山の爆裂火口で、小さなカルデラのようになっています。斜面は岩塊で、いたるところに風穴があり、冷たい風が出ています。谷には冷たい空気がたまり、そこよりも高い所より花の時期が少し遅れるようです。

220518

| コメント (0)

2022年5月16日 (月)

基地を思う

 昨日5月15日は、沖縄がアメリカの占領統治から日本に復帰して50年目の日でした。沖縄と東京で記念式典が行われ、オンラインで参加した天皇は「沖縄には今なお様々な課題が残されている」と述べていました。父親の上皇の思いを受け継いだ発言でしょう。その課題の最も大きなものは「基地」です。我が国のアメリカ軍基地の70%が沖縄に集中し、沖縄本島では面積の15%を占めているのです。どう考えてもいびつでしょう。例えば神奈川県の15%の土地がアメリカ軍の基地であったとしたらどうなるのでしょう。座間一つでも大騒ぎなのです。

 理想は日本からアメリカ軍の基地がなくなることです。実際、フィリピンではそれを実現しています。しかしそのすきをついて中国が南シナ海の支配を強めてきたため、再びアメリカ軍を頼らざるを得なくなってきてはいます。日本からアメリカ軍基地がなくなったら、覇権主義国家である中国が東シナ海での支配を広げることは間違いないでしょう。アメリカ軍基地をなくして、日本の防衛を確実なものにするには国防費を何倍も増強する以外ないのでしょうか。何を考えても堂々巡りのなってしまいます。

フデリンドウ(2022年5月10日 西上州・大屋山)フデリンドウは春に咲くリンドウです。ふつうは青紫色なのですが、写真の花はピンクがかっています。初めて見ました。

220510

| コメント (0)

2022年5月10日 (火)

プーチンの狂気

 5月9日は、第二次世界大戦時ソ連に侵略したドイツ軍をソ連が撃退した日で、ロシアでは大々的に祝っているそうです。今年は77年目に当たりますが、今回はドイツと同じようにロシアがウクライナ侵略しているため、ナチスドイツと同じ論理をもって侵略を正当化しているようです。ナチスドイツも侵略時にはドイツ系住民を守るという名目だったでしょう。プーチンがウクライナのナチスからロシア系住民の保護を口にして侵略を開始した時点で、プーチンは狂ったとしか思えません。

 ロシア出身のある人は、5月9日の戦勝記念日は「おじいさん、おばあさんがナチスと戦ってやっとのことで退けた日で、そのことに感謝する日であり、軍事パレードなど軍事力を誇るようなことはするものではありません」と語っていました。プーチンはその戦勝記念日までにウクライナを制圧する目論見だったのでしょうが、できませんでした。今後もウクライナを完全制圧することは不可能でしょうし、アフガニスタンの時と同じ目にあうのは目に見えていますね。一時も早くウクライナに平和が訪れることを祈ります。

アカヤシオ(2022年5月2日 御荷鉾山塊・稲含山) 西上州は岩山が多く、5月になると岩壁にへばりつくようにアカヤシオやヒカゲツツジが咲きます。稲含山も山頂近くの尾根には多くのアカヤシオがあり、大きなピンクのはなびらが輝いています。

220502

| コメント (0)

2022年5月 2日 (月)

夏野菜の季節

 ナス・キュウリなどの夏野菜を植える時期になりました。毎年5月初めに植えています。今年は明日近所の種苗店に行って苗を買ってきて、すぐ植えます。明日植えるのはナス・トマト・ピーマンの予定です。ナスは3苗、トマトとピーマンは2苗です。それで夏の間我が家で食べるのに十分な量が収穫できます。余ったら近所におすそ分けしたり、会社に持っていったりします。キュウリは少し遅く5月中旬に2苗植えます。オクラは5月中旬に種をまきます。スイカも忘れずに5月中に植え付けましょう。

 今現在収穫できるのは、コマツナとホウレンソウです。春先に種をまいたものです。同じ時期に種をまいたトウモロコシは10cm位に育っています。ニンジンも出てきました。もうすぐタマネギが収穫の時期を迎えます。5月下旬に茎が倒れ始めれば収穫です。タマネギの後にはサツマイモを植えます。サツマイモは肥料がいりません。タマネギの残りで十分なのです。ジャガイモは6月下旬には収穫できるでしょう。今年はメークインとダンシャクです。豆類はエンドウの花が咲いています。インゲンもそろそろ種をまきましょうか。野菜の世話と草取りで忙しくなってきました。

コイワザクラ(2022年4月22日 山急山)群馬ではミョウギイワザクラと呼んでいます。妙義山周辺の岩山に咲きます。丹沢や箱根に分布するコイワザクラの変種ともいわれています。葉が微妙に違いますが、面倒なので私はコイワザクラにしています。

220428

| コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »