« 国名と地名・人名 | トップページ | 難民・避難民・準難民 »

2022年4月11日 (月)

ウクライナのニュースに思う

 2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵略で、今日まで新聞の第1面とテレビのニュース番組トップはほぼウクライナのニュースです。他国が意のままにならないからといって主権国家へ軍事力を持って侵攻したり、一般市民や原子力発電所を標的にすることは言語道断で、その行為はひとかけらも擁護するべき点はありません。侵略される側から見れば、侵略者は「悪」そのものでしょう。ロシアが国として軍隊を持ってウクライナで行っていることは、どう逆立ちしても「善」とは言えないでしょう。

 そのことを十分承知したうえであえて言います。ロシアはかつてチェチェンやシリアでも同様の残虐行為を行っています。中国もウイグルの人たちに似たようなことをしているでしょう。20世紀後半にさかのぼっても、ルワンダ・ベトナム・ボスニアでロシア・中国以外の国々などによって残虐行為がなされていることは、歴史上明らかにされています。現在もアフリカや東南アジア・中東などで民族や宗教の違いから同様なことが行われているのです。そのことがウクライナとどこが違うのでしょうか。50日間も新聞1面のトップにのるほどの違いがあるのでしょうか。ウクライナはヨーロッパの一角で、ヨーロッパの人々にとっては極めて重要なことなのでしょうが、どうも私には人の命がヨーロッパとアフリカ・アジアでは重みが違うように思えてなりません。

満開の桜と稲含山(2022年4月5日 群馬県富岡市宮崎公園にて)偉そうなことを言いながら、春を感じに山に登っている私もある意味で加害者と同罪なのでしょうか。平和ボケの日本・・・。

220405

« 国名と地名・人名 | トップページ | 難民・避難民・準難民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国名と地名・人名 | トップページ | 難民・避難民・準難民 »