« ウクライナを思う | トップページ | 畑の山菜 »

2022年3月22日 (火)

出社しました

 今日(3月22日)ほぼ2か月ぶりに出社しました。コロナ重点措置が全国すべてで解除されたからですが、東京は昨日3855人ときわめて多い状態です。第5波のピークの2倍以上でないでしょうか。群馬でも328人です。解除されたのは病床使用率がほぼ50%を下回るようになったからのようですが、入院しない代わりに老人施設や自宅で亡くなる人が第5波の数倍に及んでいるといいます。だから数字の裏にあるものを見逃すのは危険ですね。経済を回すための解除とみて間違いないでしょう。

 コロナウィルスは変異が激しく、今のコロナは第6波の初期のころよりもさらに感染力が強くなっています。コロナが世界で初めて見つかってから2年半になりますが、まだまだそう簡単には収まりそうにありません。第6波のピークは越えたようですが、感染者の減少速度は第5波の時の減少速度と比べると極端に遅くなっています。完全に収まらないうちに第7波が到来するのでないかとびくびくしています。東京では桜の開花が発表されましたが、ウクライナの戦禍はますますひどくなって、世界が本当の春を迎えることはできるのでしょうか。

オカメザクラ(2022年3月20日 庭で)オカメザクラはマメザクラとカンヒザクラの交配種で、桜の好きなイギリス人が作ったということです。ソメイヨシノよりも2週間ほど早く咲きます。マメザクラは富士山の周辺に多く、丹沢に登っていたころはよく見たものです。

220320

« ウクライナを思う | トップページ | 畑の山菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウクライナを思う | トップページ | 畑の山菜 »