« 鈴木宗男の無知蒙昧 | トップページ | 出社しました »

2022年3月15日 (火)

ウクライナを思う

 2月24日にロシアがウクライナへと侵略を開始し、20日がたちました。プーチンの思惑通りには侵略が進まず、2日でウクライナの首都キエフを占領するはずだったものが、ウクライナ軍と人々の激しい抵抗にあっています。ロシア国内ですら侵略戦争反対の声が多く、数万人が逮捕されたそうです。全世界では、侵略を支持する国は皆無でしょう。国連決議を棄権した中国・インドはロシアとの結びつきからあからさまに反対を唱えづらいのでしょうが、ここであいまいな態度をとり続ければ、世界の非難は中国・インドにも及びそうです。

 とくに中国はかつてウクライナと同じ目にあっているのです。1931年、奉天の北の柳条湖で日本の関東軍が満州鉄道を爆破し、中国のテロとして大規模な軍事侵略を始めました。後に満州国建国となり、いわゆる支那事変から太平洋戦争に至る道をたどることになりました。ロシアはクリミア半島やウクライナ西部でロシア系住民が迫害を受けているという理由でウクライナに覆面部隊を送り込み、謀略によってウクライナの一部を事実上占領したのです。まるで満州国を見るようです。中国は、このことよく思い出し真っ先にロシアに対し反対の意見をすべきです。中国は歴史に何を学んでいるのでしょうか。

河津桜(2022年3月9日 安中・石尊山麓)急に春を通り越して初夏のような陽気になり、我が家の梅が満開になりました。早咲きの桜も咲き始めましたが、ウクライナは雪の中逃げ惑う人々のニュースがテレビに映し出されています。ウクライナの人々にも早く春が来ることを祈ります。

220309

« 鈴木宗男の無知蒙昧 | トップページ | 出社しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴木宗男の無知蒙昧 | トップページ | 出社しました »