« あけましておめでとうございます | トップページ | またまた自宅待機 »

2022年1月11日 (火)

吉井三山

 近年高崎市と合併した吉井町には、吉井三山と称される三つの山があります。高さはいずれも500mに満たないいわゆる低山ですが、吉井の人々には親しまれ、私も年に何回か(とくに冬から春)は登ります。一番高いのは三山の東端にある牛伏山(標高491m)で、遠くから見ると牛が寝そべっているように見えることからその名前がついたともいわれています。4月上~中旬には山の西尾根がミツバツツジのピンクに染まります。頂上まで車道が通じていて、道沿いに植えられた桜を見る人々でもにぎわいます。

 三山の真ん中は八束山(453m)で、地元の人は城山(じょうやま)と呼んでいます。古い山城の跡が今でも明瞭に残っていて、山頂近くの空堀や武者走りを見ることができます。西端の山は朝日岳(448m)で、硬い岩脈が山を東西に走っていて、岩脈に沿う登山道は結構登りごたえがあります。この山も山城の跡で、空堀などを見ることができます。山の北側には凝灰質砂岩を掘り出した石切り場跡があります。どの山も1~1.5時間で登れます。私は二つまとめて登ることが多いです。

八束山から見た牛伏山(2022年1月4日)八束山の北ルートは尾根筋で、ところどころ視界が開け、天気が良ければ榛名山・赤城山・上州武尊山などを望むことができます。

220104

« あけましておめでとうございます | トップページ | またまた自宅待機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | またまた自宅待機 »