« 衆院選のバラマキ公約 | トップページ | 山での炊事道具 »

2021年11月 1日 (月)

衆院選結果

 昨日(10月31日)投票が行われた衆議院議員選挙は、案の定自民党が安定多数を占める結果となりました。結局は国民が変化を恐れた結果でしょう。民主党政権時の混乱を思い出せば、野党に政権を任せるということにちゅうちょする気持ちもわからないではありません。選挙は人で選ぶなどという人がいますが、党という同じ目的を有する集団が候補者をまとめている以上、人で選ぶのには限界があります。多数派の党が安心感を与えるのでしょうか。

 今回の選挙期間中、NHKは立候補者へのアンケート調査を実施しました。群馬県の各選挙区での回答状況を見ると、コロナ対策や経済対策には立候補者は各政党の方針等に従って答えていましたが、原発・憲法・夫婦別姓などの複雑な問題には、野党の候補者はそれなりに答えているのですが、自民党の候補者は「回答せず」というのが多かったです。なぜでしょう。党の方針や自身の考え方があるでしょうに、答えられないわけがありません。答えないのは答えると選挙に不利になるからなのでしょうか。少なくともこんな候補者に票を入れたくはありませんね。

五色沼の紅葉(2021年10月28日 裏磐梯・柳沼) この日はあまり天気が良くはなかったのですが、たまたま陽が当たり風が収まってきれいな紅葉が撮れました。

211028

« 衆院選のバラマキ公約 | トップページ | 山での炊事道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衆院選のバラマキ公約 | トップページ | 山での炊事道具 »