« コロナのピークは | トップページ | 遠い空のむこうに »

2021年9月 6日 (月)

菅退陣

 菅首相が、今月中に予定されている自民党総裁選挙に立候補しないことを3日表明しました。その前の日には出馬することを二階に言っていたのですから、まさに豹変です。何が彼の心を変えたのかは私にはわかりませんが、一つだけ言えることは「万策尽きた」ということでしょう。内閣支持率が3割に低下し、自分のやろうとしていた自民党の人事や衆院解散を封じられ四面楚歌の状態となりました。これで国民に人気があればまだ何とかできたかもしれませんが、国民と全く意思疎通を欠き、自分の言葉を用いることもせず、かといって原稿を読み飛ばすようにまともに読むこともできない状態では、だれが見ても首相の地位にはふさわしくない人間だったでしょう。

 これから自民党は、この国はどうなるのでしょうか。はっきり言って菅には感謝の念も同情の気持ちも私には全くありません。菅が心から反省していれば別ですが、TVに映るあの死んだ魚のような目を見る限り覇気も全くない菅には、没してもらうしかないでしょう。菅はコロナ禍の中で、国民にまずは「自助」を呼びかけ、「公助」を二の次にしていましたが、政治の世界では菅は自分が言っていた「自助」すらできなかったのです。安倍の後を引き継いだ不運もあったのでしょうが、安倍が辞めたあの時でなければ総理にはなれなかったでしょう。次に総理となるのは岸田でしょうか。菅よりはましかもしれませんが、どれほど期待できるのでしょうかね。

イワインチン(2021年 浅間連山・篭ノ登山)秋雨前線なのでしょうか、雨の日が続きます。わずかにやんだ合間を見て、浅間山の西にある篭ノ登山(2228m)に登りました。池の平の登山口からは急いで登れば1時間あれば登れます。もう花も少なくなり、浅間連山に多いイワインチンが「俺の山だ」と誇るかのように多く咲いていました。

210831

« コロナのピークは | トップページ | 遠い空のむこうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナのピークは | トップページ | 遠い空のむこうに »