« 菅退陣 | トップページ | 柿 »

2021年9月18日 (土)

遠い空のむこうに

 9月12日の日曜日昼に、BSテレ東で「遠い空のむこうに」という映画を放映しました。この映画はNASAの技術者の子供の頃のお話で、ソ連の人工衛星スプートニクに刺激を受けて、高校生4人がロケットを打ち上げるというお話です。いろいろの人に助けてもらい、ロケットの形状・ノズル・燃料・打ち上げ方法などを工夫し、とうとうまっすぐに高いところまで打ち上げることに成功し、全国の技術コンクールに優勝するまでを描いています。父親は貧しい炭鉱労働者で、最初は反対していたのですが、最後には協力するようになります。実話に基づいているということでした。

 打ち上げに失敗したとして山火事を起こして警察に逮捕されるところがありますが、軌道計算から山火事の方向がロケットの軌道と違うことを計算で立証し、最後には無実がわかります。実は私も大きな声では言えないのですが、小学生のころロケットもどきを自作し、警察に注意されたことがありました。子供の火遊びとみられたのでしょうね。鉛筆の金属製のキャップにセルロイドを細かく切って詰め、竹ひごに括り付けて地面に立て、ろうそくで火をつけると勢いよくガスを噴き出して飛んでいくのです。こうもり傘の柄に、花火を詰め込んで鉄砲代わりにして遊んだようなこともありました。映画を見て悪ガキの頃を思い出しました。

エゾリンドウ(2021年9月13日 破風岳) 破風岳は草津白根山の南にあり、四阿山から谷川岳までの群馬県境トレイルの途中に位置しています。標高は1999mとそれほど高くはないのですが、登山口となる毛無峠付近はハイマツが生えて高山植物が多いところです。この辺りはエゾリンドウが多く、秋には登山者の目を楽しませます。

210913

« 菅退陣 | トップページ | 柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅退陣 | トップページ | 柿 »