« モモ | トップページ | 迎え火と送り火 »

2021年8月 9日 (月)

菅のあいさつ文読み飛ばし

 昨日でオリンピックが終わりました。ほっとしているのは私だけでしょうか。それに先立つ8月6日は、広島に原爆が落とされてから76年目の日でした。記念の平和式典には例年1万人もの人が参加していたのですが、今年はコロナ禍で750人ほどの人しか参列しませんでした。参加した外国の要人にはアメリカやEUの人が含まれます。我が国の政府からは例年首相が参列していますが、今年はその首相である菅があいさつの中で重要なあいさつ文を読み飛ばしていました。驚くべき失態と言えるでしょう。読み飛ばした文言には「唯一の戦争被爆国」であることや「核兵器のない世界の実現」、「核兵器の非人道性」などがあったそうです。

 なぜこんな読み飛ばしが生じたのでしょうか。政府の発表では原稿の一部にのりが付着していて、あいさつ文の一部が開かなかったからということです。こんなことがあるのでしょうか。ということは菅は本番まで1回も原稿に目を通していなかったことになります。普通はあり得ないことですし、「のりの付着」というおかしな理由をつけただけなのではないでしょうか。なんであいさつ原稿にのりがつくのですか。のりなんか使わないでしょうに。このボケ首相は式典の名称を「原爆」ではなく「原発」とも言い間違えています。頭の悪さが際立っていて、笑う気にもなれません。こんな輩に日本のかじ取りを任せられますか。そんな菅や小池にバッハは勲章をやるとかやらないとか。だから私は今のオリンピックは嫌いです。

キンコウカ(2021年8月4日 苗場山)山はもう秋の雰囲気が漂い始めました。下界は暑かったのですが、山はガスが出たこともあって涼しかったです。我が国最大ともいわれる山頂の湿原群は花も少なく、ワタスゲとキンコウカが目立つ程度でした。それでもタテヤマリンドウやイワショウブ・コバノトンボソウ・モウセンゴケがあちこちに咲いていて堪能しました。

210804

« モモ | トップページ | 迎え火と送り火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モモ | トップページ | 迎え火と送り火 »