« 1回目のワクチン接種 | トップページ | 2回目のワクチン接種 »

2021年7月19日 (月)

北海道旅行

 ここ数年、夏には北海道を旅行することが恒例となっています。今年も先週行ってきました。そのため先週のブログ更新をさぼってしまいました。本当は6月に行く予定でしたが、北海道のコロナ緊急事態宣言のため延期していました。6月であればアポイ岳の予定でしたが、7月になってしまったので大雪山をメインにしています。といっても縦走とかの重い山登りではなく、黒岳と赤岳をそれぞれ日帰りで登った程度です。黒岳は、層雲峡からロープウェイとリフトを乗り継いで行けば、リフト終点の七合目から1時間半もあれば登れます。登山道はほぼ頂上付近までダケカンバ・ミヤマハンノキ・ナナカマドなどと笹に覆われていますが、ところどころは開けていてエゾキンバイなどの湿性の花畑になっています。頂上は礫の乾性の花畑が広がり、エゾツツジやイワヒゲを見ることができます。

 翌日は銀泉台から赤岳途中まで登りました。第一花園・第二花園・コマクサ平と花畑が連続しますが、第二花園はまだ雪の下で、8月にならないと花を見ることはできないでしょう。コマクサ平はわが国有数のコマクサの群生地だそうですが、正直なところコマクサの数・密度・広がりは秋田駒ケ岳のほうが上です。コマクサ平はハイマツの間に点々とコマクサの花畑がありますが、秋田駒ケ岳は火山斜面全体がコマクサに覆われるくらいです。それでもコマクサとともにエゾツツジやチシマツガザクラなども見ることができ、大満足でした。ついでに小樽へ向かう途中で、樽前山にも登りました。山の名前が付いたタルマイソウ(イワブクロ)が圧倒的で、外輪山から見た溶岩ドームも圧巻でした。天候に恵まれて、全行程北海道では珍しく30度を超える猛暑の中の旅行でした。

コマクサ(2021年7月15日 大雪山赤岳・コマクサ平) コマクサ平は平たんな台地状の地形で、雪解けも早いようで、今がコマクサの最盛期でしょう。

210715

« 1回目のワクチン接種 | トップページ | 2回目のワクチン接種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1回目のワクチン接種 | トップページ | 2回目のワクチン接種 »