« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月24日 (月)

タマネギ収穫

 先週の土曜日に、晴れの日が2日続く天気予報だったことから、タマネギを収穫しました。7割がた茎が倒れた状態です。タマネギは成熟すると茎が柔らかくなり、倒れます。これが収穫の目安なのですが、今年は昨年よりも2週間早い収穫になりました。異常気象が進んでいるのでしょうね。2日間天日干しをして、8~10個ほどまとめて茎を縛り、東屋に吊るしました。昨年の10月末に苗を植えたのですが、異常気象のせいで苗の生育が悪く、いつも買う種苗店は品物が不足し、予約注文をして手に入れたくらいです。そんな苗はあまりよい苗ではなく、植え付けても頼りなさそうな苗でした。

 それでも1月と2月に追肥し、4月になると根元が太ってきて何とか収穫にこぎつけました。全体に生育は悪く何とか並みの大きさ以上になったのは半分くらいでしょう。例年に比べるとはるかに悪い状態です。それでも、今日はあちこちに送りました。喜んで食べてくれればうれしい限りです。

トウゴクミツバツツジ(2021年5月10日 榛名山)榛名はこれからツツジが咲き誇ります。5月末から6月初めにかけては、火口原と山がいろいろなツツジで彩られます。

210510_20210524173601

 

| コメント (0)

2021年5月17日 (月)

ワクチン注射の映像

 新型コロナ対策としてのワクチン接種が本格的となり、各地で集団接種が始まっています。ワクチンに関しては昨年からマスコミが毎日のように取り上げ、また日本のワクチン対策のあまりの遅さに国民は悲鳴を上げていました。ワクチンの話題がテレビに取り上げられるたびに出てくるのがワクチンを注射する映像です。最初はイギリスやアメリカでの接種の様子が、次第に日本国内の様子や訓練のための模擬接種の様子が多く映され、毎夜のNHK7時のニュースの中でさえ何回もの注射のシーンを見させられていました。もういいかげんの止めてもらえませんか・・・。

 私は注射が嫌いです。もっとも、注射が好きな人はいないでしょうが。嫌いなところにこれでもかとワクチン注射を見せられると、嫌なうえにもさらに嫌悪感が募ります。このようなシーンを何百回も見せつけられたら、注射恐怖症になりますよ。「ワクチンやめた」という人も出てくるでしょうね。今は私はワクチン接種のシーンが出てきそうだったら、テレビから目をそらすようにしています。もう十分ワクチンの重要さは国民の間に浸透しているでしょう。ですから注射のシーンを流すのは止めてくださいな。

シロバナエンレイソウ(2021年5月10日 榛名山)ユリ科の花で、漢字では白花延齢草と書きます。延齢草とはいいますが毒があるようで、食べても命が延びることはないでしょう。仲間にはエンレイソウ(花が褐色)やオオバナノエンレイソウ(主に北海道に分布する白い花が2倍ほど大きい)があります。シロバナエンレイソウの毒は弱いそうですが、食べる気にはなりませんね。

210510

| コメント (0)

2021年5月10日 (月)

赤木ファイル

 国がとうとう赤木ファイルの存在を認め、公表することになりました。といっても、「職務上の秘密や個人情報が含まれるところはマスキング(つまり黒塗り)するということなので、下手をするとみんな真っ黒になったものを出してくるかもしれません、赤木ファイルは、財務省近畿財務局の職員であった赤城俊夫さんが森友学園への国有地売却の不正に関し、改ざんを行った経緯を記してあるとされています。8億円の値引きもともかく、時の安倍首相の昭恵夫人が森友学園の名誉校長になっていたことに関し、安倍が国会で「自分や妻が関与していたら、首相も国会議員も辞める」と述べたことから、改ざんが始まったといわれています。ようするに、財務省のお偉方が安倍に忖度して改ざんしているわけです。

 財務省はこの件に関し調査報告書を作成していますが、「なぜ、だれが」という問題は不明としています。それでは調査になりませんね。赤木ファイルがこの点を明らかにしてくれればよいのですが・・・。しかし、裁判所の命令がなければ国はとぼけ続けたことでしょう。政治家がどんなに偉そうなことを並べても、この国の政治レベルはこの程度なのです。あまり言いたくはないのですが、コロナで緊急事態宣言の延長や新規指定なども不透明感がいっぱいです。ステージ4になっても宣言は出されていないところがあります。これで本当にオリンピックが開けますか。もう少し正直になりましょうよ。

アカネスミレ(2021年5月4日 笹塒山)スミレはわが国には60種以上あるといわれています。同定が難しく、これも少々不確かなところがありますが、ご勘弁を・・・。

210504

| コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

またまた自宅待機

 このブログは2週間ぶりになります。4月26日に東京都に対しコロナ対策の3回目の緊急事態宣言が発令され、私は自宅待機となりました。通常であれば、月曜日に東京の会社に出たときにブログを書くのですが、自宅待機で1週間さぼってしまいました。これは自宅で書いたものです。私のブログの読者はそれほど多いわけではなく、1週間にせいぜい数十人です。ブログはわが社のホームページにリンク(隠居のブログ)が張ってあるのですが、少し前にホームぺ時を再構築したとき、リンクが途絶えたことがありました。その時数人の方から「ブログはなくなってしまったのですか?」と問い合わせをいただき、慌てて再リンクを張ってもらいました。

 さて、3回目の緊急事態宣言は5月11日までの予定ですが、今現在も全国の感染者数は増加していて、1日5000人を超えるようになりました。東京でも1日1000人を超える日が出ており、とてもあと1週間でステージ3に下がるとは思えません。政府のコロナ対策分科会の尾身会長も、発令前から17日では短すぎるとし、延長もありうるといっていました。政府はなぜこんな短い期間に設定したのでしょうか。連休対策ということのようですが、根っこには東京オリンピックがあるのでしょうね。延長すればオリンピックの中止が現実味を帯びてきます。開催の可否はIOCがするということですが、開催国である日本の政府や東京都が中止を求めれば、IOCも中止せざるを得ないでしょう。IOCは大損害でしょうが、国民だけでなく選手や関係者の命のほうが大事でしょう。早く中止氏を決めてください。

カッコソウ(2021年4月20日 桐生市・鳴神山)カッコソウは鳴神山周辺だけに自生する特産種で、サクラソウの仲間です。オオサクラソウに似ているのですが、背がずっと低くて毛が多いという特徴があります。

210420

| コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »