« 3か月ぶりの出社 | トップページ | まん延防止等重点措置(2) »

2021年4月 5日 (月)

まん延防止等重点措置

 今日4月5日から1か月の間、大阪・兵庫・宮城の3府県に新型コロナウイルス対策のための「まん延防止等重点措置」が発令されました。大阪は大阪市、兵庫は神戸ほかの4市、宮城は仙台市が対象です。大阪・兵庫は緊急事態宣言が解除されてわずか1か月で再度の特別な対策が必要となったわけです。大阪府の新規感染者数はここのところ連日600人を超え、東京都(400人程度)を上回っています。大阪や宮城の10万人当たりの新規感染者は緊急事態宣言の発令基準であるステージⅣ(25人以上)です。東京都も増加していて、このまま推移すれば同じような対策が必要となるでしょう。

 でも私には緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違いがよくわかりません。宣言は都道府県単位で、まん延措置は市町村単位であるとか、期限や罰則が違うとかでしょうが、そんなことはどうでもいい話でしょう。緊急事態宣言を出したくないから、やや軽い感じがするまん延措置にしているように思われます。こんな騒ぎの中ようやくワクチンの接種が始まりましたが、我が国は西欧諸国に比べると大幅に遅れています。世界で最も感染者が多いアメリカでは3割を超え、イギリスでは半数近くですが、日本では1%にもなりません。すでに第4派(菅は認めていないようです)に呑み込まれつつある我が国の基礎医学のお粗末さが如実に表れています。

センボンヤリ(2021年3月30日 富岡市・神成山) センボンヤリは春と秋に2回咲くそうですが、私は春ばかり見ていて秋には気が付きません。春の花は花弁が平開するのですが秋は開かないそうです。

210330 

« 3か月ぶりの出社 | トップページ | まん延防止等重点措置(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3か月ぶりの出社 | トップページ | まん延防止等重点措置(2) »