« オリンピックの理念て何 | トップページ

2021年2月22日 (月)

島根県知事の表明

 島根県の丸山知事が17日に県内の聖火リレーの中止を示唆しました。知事はオリンピックにも反対しており、国や都のコロナ対策が大幅に強化されない限り1か月程度のうちにリレーの可否を判断するそうです。知事はこうも言っています。「政府の認識は危機的で、都は五輪を開く資格はない」。よくここまで言えたもんです。小さな県のひがみともいわれそうですが、昨年のオリンピックの延期から1年近くたったにもかかわらず、あと5か月に迫っても出口が見えない状況では、ある面当然の意見表明と思えます。

 私はもともとオリンピック開催には大反対ですので、この意見にはもろ手を挙げて賛成します。この意見に対し自民党の竹下とかいうやつ(衆院島根2区選出)が、不用意な発言を注意すると言いました。まるで上から目線で、お上のお達しの様です。竹下は知事よりも偉いのですか、知事は国会議員の部下ですか。そんなことはないでしょう。何故このような知事の意見になったのかを聞くことも考えようともせずに、えらそうなことは言うべきではないでしょう。願わくば知事の意見表明は政治の駆け引きではなく、本音であることを祈ります。

フクジュソウ(2021年2月16日 庭で)フクジュソウが満開になりました。春先に咲く花では最も鮮やかで派手なものです。フキノトウも芽を出し始めています。ここのところ20℃を越えそうな陽気ですから、春はどんどん進むでしょうね。

210216

 

« オリンピックの理念て何 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピックの理念て何 | トップページ