« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月22日 (月)

島根県知事の表明

 島根県の丸山知事が17日に県内の聖火リレーの中止を示唆しました。知事はオリンピックにも反対しており、国や都のコロナ対策が大幅に強化されない限り1か月程度のうちにリレーの可否を判断するそうです。知事はこうも言っています。「政府の認識は危機的で、都は五輪を開く資格はない」。よくここまで言えたもんです。小さな県のひがみともいわれそうですが、昨年のオリンピックの延期から1年近くたったにもかかわらず、あと5か月に迫っても出口が見えない状況では、ある面当然の意見表明と思えます。

 私はもともとオリンピック開催には大反対ですので、この意見にはもろ手を挙げて賛成します。この意見に対し自民党の竹下とかいうやつ(衆院島根2区選出)が、不用意な発言を注意すると言いました。まるで上から目線で、お上のお達しの様です。竹下は知事よりも偉いのですか、知事は国会議員の部下ですか。そんなことはないでしょう。何故このような知事の意見になったのかを聞くことも考えようともせずに、えらそうなことは言うべきではないでしょう。願わくば知事の意見表明は政治の駆け引きではなく、本音であることを祈ります。

フクジュソウ(2021年2月16日 庭で)フクジュソウが満開になりました。春先に咲く花では最も鮮やかで派手なものです。フキノトウも芽を出し始めています。ここのところ20℃を越えそうな陽気ですから、春はどんどん進むでしょうね。

210216

 

| コメント (0)

2021年2月15日 (月)

オリンピックの理念て何

 森がオリンピックの理念に反する発言をしたとして、辞任に追い込まれました。オリンピックはスポーツを通じて世界平和を願うお祭りとされています。人種・民族・男女の別はなく、平等に参加できるとしているようですが、本当ですか?今では金儲けのためでしょう。理念が崇高で本当ならば、なぜ北京で開くのですか。チベット・ウィグルでのジェノサイドもどきの差別や弾圧、香港に対する抑圧などなど、世界中から非難されているにもかかわらず、夏は5年前に、冬は来年開きます。

 東京五輪は何のために開かれようとしているのですか。招へいした最初のころは東日本大震災の復興を後押しすると「復興五輪」が叫ばれました。ところが今では復興の言葉は消え「コロナに打ち勝った証としての五輪」に化けてしまいました。まだまだコロナを克服するようなめどが立っていないにもかかわらずです。もういい加減で中止しましょうよ。中止すれば「東京五輪」は2回目の中止になります。1940年の東京五輪は戦争の影響で開催を返上しました。2回中止すれば歴史に残りますよ。

ウメ(2021年2月9日 庭で)紅梅よりも10日ほど遅れて梅の花が咲き始めました。まだちらほらですが、うれしいですね。私は桜よりも梅の花が好きです。何よりも春を感じます。フクジュソウも咲き始めましたよ。

210209

| コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

カメラなどを処分しました

 先日の新聞の折り込みに、古物商の買取広告チラシが入っていました。チラシにはカメラやレンズを高価に買い取るという文言も記載されていました。私はカメラを7台所有していました。レンズは24本です。そのチラシの広告につられて、古物商に行ってみました。古いものからカメラ4台を持ち、レンズも多く持っていきました。そこで話を聞いたのですが、カメラもレンズもほとんど価値はないとの話でした。一番高いのはミラーレス1眼レフのOM-D E-M5の3千円、50年近く前のフィルムカメラのOM-1が2千円でした。レンズはいずれも数百円がせいぜいとのことでした。それでもゴミに出すよりはいいので、カメラ4台、レンズ8本を1万円で売りました。悲しいですね。

 私は今年73歳になります。私の父は56歳で亡くなっているので、もう父より17年も長生きしているのです。正直なところ、父の亡くなった年を超えたあたりから怖いものがなくなりました。好きなことをして会社も作り、それまでと違う生き方をしてきました。それももうそろそろ終りに近づいているのでしょう。去年の暮あたりから本を整理し始めました。今まで本棚は二重にびっしりと詰まっていたのですが、だいぶ少なくなってきました。死んであの世に持っていけるわけではなし、まあ終活というのでしょうかね、少しづつ整理を始めています。あと何年元気で生きていられますかね。まだやりたいことはありますがね。

モズ(2021年2月4日 庭で)この頃モズが多く飛んできて、餌をあさっています。モズというと「モズが枯れ木で泣いている、オイラはワラを叩いてる・・・・・」という歌がどうしても思い出されます。日本の貧しい農村の原風景ですね。

210204

| コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

キンカンがみんな落ちました

 今日は暖かいですが、ずっと寒い日が続きました。我が家には冬でも実をつけている柑橘系では、キンカンとユズがあります。ところが、キンカンもユズも1月になると皮が腐ったようになり、今ではほとんど落ちてしまいました。多分凍ったのが原因ではないでしょうか。今までこんなことはキンカンが少し落ちたことはありますが、全部落ちてしまうようなことはありませんでした。キンカンは3月が食べごろでしたが、今年はダメですね。ユズも川が白っぽくなり、ポトポト落ちています。

 山へ行くと山のふもとには結構ユズの木があるところがあります。そこのユズは我が家の様にはなっていません。我が家のユズとキンカンはよほど寒さに弱いのでしょうかね。結構木も大きくなっているので、寒さ除けで囲うことも難しい状態です。来年はどうしたらよいのかと思案しています。困ったもんだ。

紅梅(2021年1月26日 高崎市郊外で) 寒さが続いても、春が近くに迫っていることがわかります。1月は我が家の紅梅はまだつぼみでしたが、近くの山のふもとの紅梅には咲いているものがありました。今日、我が家の紅梅はいくつか咲き始めました。フクジュソウも芽を出しています。

210126

 

| コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »