« 仮定の話 | トップページ | キンカンがみんな落ちました »

2021年1月25日 (月)

核兵器禁止条約と日本

 国連の50か国の批准により、核兵器禁止条約が1月22日に発効されました。核軍縮・核削減ではなく核兵器そのものの保有と使用を禁止するものです。現在批准しているのは51か国ですが、日本は反対しています。この条約に賛成している国は小さな国が多く、いわゆる核兵器を保有する大国や国の安全を核兵器の傘に依存しているヨーロッパや韓国・日本などは反対しているのです。日本が反対する理由がふるっています。「核保有国が入っていないということと、多くの国の賛成が得られていない」ということです。しかし、国連では122の国と地域が賛成しているのです。反対派は少数でしょう。菅は今回の国会で「核兵器の廃絶を呼びかけ、条約国との橋渡しをする」といったようですが、とんでもない間違いです。

 「橋渡し」は第三者の言い草でしょう。世界で唯一の被爆国で、いまなお何万もの人が75年前の原爆の後遺症に悩まされているのに、何が橋渡しですか。橋渡しをするのがスイスやキリバスの国などであればわかりますが、日本は核に関しては真っただ中にいる当事者なのです。そのことがわからない菅はあまりにも愚かです。コロナ・学術会議・Gotoなどを見るまでもなく、この人間には我が国を率いる力も信念もないことが一目瞭然でしょう。一秒でも早く退場願いたいものです。

オオバン(2021年1月19日 吉井・赤谷公園) ため池でエサを探す水鳥です。初めて見ました。

210119

« 仮定の話 | トップページ | キンカンがみんな落ちました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仮定の話 | トップページ | キンカンがみんな落ちました »