« 2020年12月 | トップページ

2021年1月18日 (月)

仮定の話

 菅総理はよく「仮定の話には答えない」と言います。先日も記者会見で、記者の「1か月たってもコロナ感染が収まらないときは、緊急事態宣言は延長するのですか」という質問に、「仮定の質問には答えられない」と言い放ちました。それが本当に答えられないのであれば、よほど頭の悪い人を総理大臣にしてしまったといわざるを得ないでしょう。すべての科学は仮定を前提として理論を組み立てます。仮定が立てられないのならば物事は前に進まないのです。危機管理も同様です。もっとずっと仮定が大切でしょう。

 危機管理はまさに仮定の上に立って構築するものです。火山の噴火も、台風も、集中豪雨も、大地震も、大津波も、危機管理は「もしも」という仮定のの上に立って対策を講ずるものです。新型コロナの問題は未曽有の危機であることに間違いありません。その危機に菅は「仮定の話には答えられない」と言って、あまりの無能無策をさらけ出してしまいました。仮定の話に答えられないなら危機管理なんてできないし、一国を率いる立場もふさわしくはないでしょう。まああのとき答えたくなかったのでしょうから「仮定の上に立って万全の対策を考えてはおりますが、混乱を招く恐れがありますので、今は申し上げないほうがよいでしょう」とでも言えばよかったのでしょうがね。菅は日本語もわからない奴ですから・・・。

タチバナモドキ(2021年1月13日 高崎郊外で)一般にはピラカンサという名前で呼ばれています。中国原産の木で、実が黄色でミカン科のタチバナに似ているからタチバナモドキというそうです。この実を鳥がついばんでいるのは見たことがないのですが、鳥は食べるのでしょうかね。210113

| コメント (0)

2021年1月11日 (月)

寒いです

 本当に寒いです。今朝は居間の温度計は2℃をさしていました。台所と洗面所も2℃です。納屋を見に行ったら-6℃でした。池には厚い氷が張っています。さすがに人が乗ったら割れましたが、1cm以上ありました。昨日の朝も同じように寒く、納屋は-7℃でした。日中の最高気温は昨日は前橋で7℃に上がりましたが、朝の気温は札幌の12月並みの冷え込みです。札幌に住んだ最初のころは風呂のないアパートでした。冬銭湯に行き、帰りに濡れたタオルを振り回すと5分と経たないうちに凍って棒のようになりました。さすがに高崎では真冬でもそこまでは寒くないのですが、ここ3日間ほどは、私が高崎に住み始めて一番の寒さです。

 昨年末は群馬北部では記録的な大雪となり、昨日は北陸から新潟にかけて1日1mを超えるような降雪があったようです。上越市では積雪が2.4mにもなっているとか・・・。数年前は我が家でも一晩に60cmの雪が積もったことがあります。今夜から明日の朝にかけては関東も雪の予報が出ています。太平洋沿岸を低気圧が通るため、北東からの湿った空気と寒気が雪をもたらすようです。積もるのですかね。ラニーニャ現象の影響もあるのでしょうが、地球温暖化による異常気象の一つなのでしょうね。これからますますひどくなるのでしょうか。

浅間山(2021年1月5日 榛名・天狗山から) 人間様がコロナであたふたしていても、自然は変わりません。季節の移ろいは、雪の多い少ない暑い寒いはあっても毎年繰り返されます。でも、それもそろそろ限界なのでしょうね。

210105

| コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

年が改まったけれど

 2021年(令和3年)が明けましたけれども、「あけましておめでとう」とはとてもじゃないけど言えませんね。今日の東京のコロナ感染者数は1200人を越えました。昨年の大みそか31日に1337人を記録しましたが、それに次ぐ多さです。1都4県の知事の要請を受け、政府もようやく重い腰を上げ、緊急事態宣言の再発動を考え始めました。今週中にも発せられることになりそうです。私の新年の出社は12日の予定でしたが、緊急事態宣言が出れば、しばらくの間出社は自粛せざるを得ないでしょう。

 Gotoの中止や今回の緊急事態宣言も、あまりの遅さに唖然とするばかりです。政府は馬鹿の一つ覚えに「国民の命と経済」の両方をうまく回そうとしているのでしょうが、ウィルスはそんなことお構いなしです。人間の馬鹿さ加減をあざ笑って変異し、感染力を強化しているのです。今はもう経済のことはひとまず置いておいて、感染の封じ込めに全力を挙げるべきでしょう。オリンピックなど論外です。3000億円かけるのなら、そのお金を感染防止や補償にかけるべきです。菅よ、お前の馬鹿は今更始まったことではないが、秋田の恥をさらすな!

カモシカ(2020年12月29日 稲含山)去年はカモシカによく会いました。先回は吾嬬山のカモシカでしたが、今回は甘楽町の奥にある稲含山で出会ったものです。

201229

| コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ