« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月28日 (月)

この1年

 この1年はすべての人が新型コロナウィルスに振り回された1年だったでしょう。少なくとも3月4月から今まで、TVニュースのトップはほぼコロナ関連のもので占められており、検察庁・桜を見る会・オリンピックなどもありながら、年間のトップの座を譲ることはないでしょう。感染者数は1億人に迫り、死者は175万人にもなっています。歴史の中でも近年ではコレラ・ペスト・スペイン風邪がありますが、感染速度と範囲は交通機関の速度とそれを利用する人の増加によって、以前のものと比べ物にならない広がりを見せています。つまり。ウィルスの感染を人類自らが科学の進歩によって手を貸しているのです。

 考えてみれば、科学の進歩って何でしょう。スピードが上がり、アナログがデジタルとなり、文字が絵になり、生活が豊かになったような部分もあるでしょう。そのかわり、昔からのよいものがどんどん失われてしまいました。江戸時代の裏長屋の暮らしと、東京のマンション暮らしと、どちらが豊かなのか、私にはわかりません。今私は納屋の机でこの原稿を書いています。傍らの薪ストーブが燃え、干し芋をあぶって食べ、庭のキンカンを採って食べながらです。100年前もこんな暮らしだったのでしょうか。1日のうちの数時間のささやかな暮らしですが、私にとっては至福のひと時です。明日は今年の締めくくりに山に登りましょうか。

カヤクグリ(2020年12月28日 庭で) カヤクグリと思います。スズメくらいの大きさで、尾をぴくぴく上下させながら畑の虫を食べていました。

201228

| コメント (0)

2020年12月21日 (月)

冬の花

 だいぶ前に「冬の華」という映画がありました。高倉健主演の作品で、池上季実子が高校生を演じていました。高倉健の作品では珍しく哀愁を漂わせた映画で、私が最も好きな映画の中の1本です。ここでは別に映画の話をしたいわけではなく、冬の華ならぬ冬の花のお話です。秋が深まりリンドウやキクの仲間が山に最後の彩をし、紅葉も終わると山には花がなくなります。12月・1月は平地の花壇にはスノーポールやスミレの花が、畑の隅にはホトケノザやオオイヌノフグリなどがみられるのですが、山の中では落ち葉に埋もれ、雪に覆われて花はなくなります。

 私は毎年会社用と個人用の二種類のカレンダーを作っています。どちらも花を主題として、会社用と個人用の同じ月には同じ花は飾らず、同じ花(種類)を2度(年が違っても)使うこともしません。基本的には前年同月に撮った写真を使っています。会社用は2008年版から、個人用はもう少し前から作っています。春から夏にかけては花も多く、写真の出来不出来は別として載せる花には困らないのですが、12月・1月は花もなく、もう種が尽きました。ですからこの頃は風景や動物の写真が多くなってきました。それもそろそろ限界で、来年からは以前載せた花の種類でも載せることにしましょうかね。

シモバシラ(2020年12月15日 西上州・小沢岳) シモバシラという名前のシソ科の草です。秋に白い花を咲かせます。寒くなると吸い上げた水が枯れた茎からしみ出して凍り、霜柱のようになります。

201215

| コメント (0)

2020年12月14日 (月)

マイナンバーカード

政府はマイナンバーカードの普及を急いでいます。全国民に一つの番号をつけ、それをカード化することによって国民のすべての情報を一元管理しようとするものです。今のところマイナンバーは一人の個人を特定する番号にすぎませんが、そのうち戸籍・住民票から運転免許証・健康保険証・銀行預金口座などもマイナンバーカードで管理されるようになるのでしょう。1枚のカードでほとんどの用が足せるようになるのですから便利のようにも思えますが、1枚のカードの中に個人の情報がすべて詰まってしまうのですからこれほど恐ろしいこともありません。

 カードの中身は国が管理・監視することになります。カードで何かにアクセスすると、カードの中身がすべて読み取られる可能性があります。悪意を持つ人間・組織がそれをすれば詐欺まがいのこともできます。アメリカでは実際に起こっているようです。何せその人の財産・行動・健康状態がすべてわかってしまうのですから。欧米など多くの国で同じようなマイナンバーカードが整備されているようです。しかし、同じことを日本で行うのは私はあまり賛成できません。少なくとも私はあらゆる情報を紐づけたマイナンバーカードを持つのは、それが100%安全と分からない限り嫌です。

オスプレイ(2020年12月13日 我が家の庭で) 我が家の上空付近を飛ぶオスプレイです。1機と3機が行ったり来たりしていました。榛名山麓の相馬ヶ原演習場ではまだ演習が続いているのでしょうか。

201213

| コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

Gotoキャンペーン(2)

 東京都の新型コロナ感染者数が500人を超える日が多くなり、小池知事は高齢者がGotoトラベル等を利用することを自粛するように呼びかけました。大阪や札幌ではすべての人々に不要不急の外出を控えるように呼びかけているにもかかわらず、全国の感染者数の20~30%を占めるような東京都の対策は中途半端です。小池はいったい何を考えているのでしょうか。京都などの観光地は多くの人でにぎわっています。にもかかわらず、政府もGotoキャンペーンを引っ込めるつもりはないようです。人の命よりも経済を回すことを優先しています。

 東京都のデータ(11月分)によると、感染者のうち20~30代43%を占め、70歳以上は10%程度にすぎません。つまり若年層の行動が感染を広げていることに疑問の余地はないのです。Gotoトラベルなどを利用する人も若い人が多いのでしょう。若い人は感染しても無症状の人が多く、そのため結果的に感染を広げてしまうことになります。何回でも言いますが、今は経済よりも人命を最優先とすべきで、おまけ付きのGotoキャンペーンは一歩立ち止まって考えるべきです。

カモシカ(2020年12月1日 中之条町・吾嬬山)群馬の山ではカモシカによく会います。去年は榛名山で会いました。吾嬬(かづま)山はカモシカの出現頻度が高いようで、よくネットで報告されています。この時は10mほどまで近づいたのですが逃げませんでした。

201201

| コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »