« コロナ第三波 | トップページ | Gotoキャンペーン(2) »

2020年11月30日 (月)

Gotoキャンペーン

 コロナ感染に歯止めがかかりません。連日のように感染者数や重症者数が記録を更新しているにもかかわらず、政府は人の往来や観光地などへの人出を奨励している始末です。キャンペーンを張って、「さあ、旅に行こう、さあ、食べに行こう、さあ、見に行こう」と言うのです。それも割引付きですからただ奨励しているだけでなく、行かなきゃ損ですよと言ってるのに等しいことです。こんなことをしてコロナの感染を抑えられると本気で考えているのなら、知能程度を疑われても仕方ありませんね。

 菅も加藤も「Gotoがコロナ感染を拡大させたというエビデンスはない」などと、またもやわからぬ横文字を使ってけむに巻いているようですが、なんで横文字を使うのですかね。「証拠・根拠」など立派な日本語があるでしょうに・・・。でもこれだけ人の往来や盛り場での人出像が感染者を増やさないわけがありません。エビデンス(evidence)がないから感染者増がないなどの言い草は、「詐欺を働いても証拠がなければ無実」というのと同じことです。命にかかわることなのですから、証拠が不十分でもいったんは立ち止まって検討するのが心ある政治家や国の運営を担う人がやることでしょう。

マリーゴールド(2020年11月26日 庭で)昔、新聞に曽野綾子の「時の止まった赤ん坊」という小説が連載されていました。マダガスカルの修道院に勤める日本人シスターの話でしたが、話の中身は忘れてしまいました。でも、その小説の中で、修道院の入り口にマリーゴールドの花が咲いているというところだけはなぜか記憶に残っているのです。

201126

« コロナ第三波 | トップページ | Gotoキャンペーン(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ第三波 | トップページ | Gotoキャンペーン(2) »