« 櫻井よしこ | トップページ | 大阪都構想 »

2020年10月26日 (月)

核兵器禁止条約

 2017年に国連加盟122か国の賛成で成立した核兵器禁止条約がようやく発効に必要な50か国が批准し、来年1月の発効にこぎつけました。広島・長崎に初めて人間に対して使用された核兵器の禁止条約が、75年もたって世界の多くの国々の賛成で日の目を見たのです。残念ながら被爆国である日本は、理由にならない理由をつけて賛成していません。それまでの通常兵器に比べ、けた違いに殺傷・破壊能力の高い核兵器は、アメリカが実用化(?)し、その後旧ソ連・イギリス・フランス・中国・インド・パキスタン・イスラエル・北朝鮮が開発・保有しています。総数は数千発あるといわれ、人類を何回も壊滅させるだけの数です。広島・長崎の時はTNT火薬に換算して数キロトンの威力でしたが、今では核融合を用いて50メガトンなどというとてつもない破壊力を持つものすらあります。

 人類は自らを滅ぼせるだけの兵器をなぜ保有するのでしょうか。相手が持つから自分も持つ、相手よりも強力なものを持たなければ、争いに負ける、という心理なのでしょうか。それもこれも人間の性のなせる業なのでしょうね。”争う”ということは人間だけではなく、すべての生物に共通の性なのかもしれません。ですが、人間以外の生物にない”理性”というものを人間は持つことができるのです。それでも時には理性を超えて醜い争いになるのですから、いっそのことすべての核兵器を起動させ、地球を一度リセットしたほうがいいのかもしれませんね。映画「渚にて」を思い出しました。

クリタケ(2020年10月20日 赤久縄山)山はキノコが真っ盛りです。この日はクリタケのほかスギタケモドキとヌメリスギタケモドキも採れました。クリタケは猛毒のニガクリタケに似ていますので、採るときは少しかじってみて苦みがあるかないか確認しながら採っています。

201020

« 櫻井よしこ | トップページ | 大阪都構想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 櫻井よしこ | トップページ | 大阪都構想 »