« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月27日 (月)

健康診断

 わが社では、当然ながら毎年社員の健康診断を行っています。今日は私も会社の近くにある健診センターに行ってきました。例年であれば6月末か7月初めに行っているのですが、新型コロナのため1か月ほど遅らせました。しかし結果的にはコロナ第2波の真っただ中で行うことになってしまいました。わが社は仕事の都合上いろいろな会社の工場や建設現場に出入りすることから、健康診断書の提出が求められます。私はもう現場には行かないのですが、会社のお情けで健診させてもらっています。

 私の住んでいる高崎市でも住民は安い費用で健診できますが、会社のおかげで市の健診に行かないで済んでいます。健診項目は一般的なものだけですが、いつもいやなのはバリウムを飲んでの検査です。炭酸の後にバリウムを飲まされ、やれ右向け、左向け、うつぶせになれとか、乗っている台がさかさまになったり、えらい目にあいますね。バリウムはほおっておくと胃腸の中にたまったままなので、下剤で速やかに排出させるのですが、これがなかなか難問で、かつて出なくて往生したことがありました。まあこれも健康のために我慢しましょう。

ノハナショウブ(2020年7月15日 サロベツ原野)ことしも北海道に行ってきました。今年は稚内からオホーツク海沿岸の原生花園巡りです。サロベツ原野は去年も行ったのですが、今年は原野の南側にある幌延町の散歩道を歩きました。

200715

| コメント (0)

2020年7月20日 (月)

GoToキャンペーン

 政府は今月22日から「どんどん旅行に行こう」とGoToキャンペーンを張っています。ただし東京都は先週1週間で1500人(1日最大293人、平均すると1日214人)ものコロナ感染判明者が出ているため、東京都内の出入りは対象から外しました。地方の人が東京へ行ってはダメ、東京の人が地方へ行ってもダメということです。なんでこんなキャンペーンを張っているのでしょうか。東京を除外するのであれば、実施時期を延長するか、あるいは群馬県のように県内観光限定から始めて、感染状況が落ち着いてきたら順次拡大するような方策が採れなかったのでしょうか。

 群馬県はそれほど多くの感染者が出ていないので、だいぶ前から県内観光の宿泊費を一人5000円補助しています。宿泊費が1万円なら半額で泊まれるのです。それでも群馬県内の観光地は賑わいを取り戻したわけではありませんが、少しは旅館や土産物店の足しにはなっているでしょう。このコロナ禍で由緒あり旅館や店が倒産しています。道の駅なども人はまばらで、品物も少なく感じます。店などはマスクを着用していないと入ることができませんし、道路沿いの食堂などは閉まっている店が多く見受けられます。いったいこんなことがいつまで続くのでしょうか。今後長い間、あるいは半永久的に続くのでしょうかね。

エゾカンゾウ(1974年7月14日 北海道白糠町恋問原生花園) 先週北海道の原生花園巡りをしてきました。まだ写真の整理ができていませんので、私が北海道に住んでいたころの写真を掲載します。

740712

| コメント (0)

2020年7月13日 (月)

東京感染者200人超

 ここのところ東京都内の新型コロナ感染判明者数が、連日200人を超えています。都知事は夜の(とくに)新宿をやり玉にあげ、出歩かないようにと警告を発していますが、知事自身が言っている通り、たまたま飲食店関係者の集団検査があったために増えているのでしょう。ほかの業界でも集団検査をすれば同じことになるような気がします。もともと4月頃には検査数が数百程度だったのでしょうが、現在は1日三千件を超えているそうです。ですから200人という数字はそれほど驚く数字ではないのでしょう。この前試験的に行われた抗体検査の結果が本当だとすると、東京では1%程度(つまり10万人以上)感染者がいても不思議ではないのです。

 私は緊急事態宣言が解除された後は、以前の通り毎週月曜日に出社しています。解除されたころは宣言前に比べると埼京線の乗客は5~6割程度だったものが、解除されてひと月もたつと9割ほどには戻っています。新幹線はまだ少ないのですが、東京都内の人出はだいぶ多くなっているのでしょう。それでも乗客はすべての人がマスクをつけ、コロナに敏感になっていることがうかがえます。今の感染者の増加が二次感染到来とは思いませんが、近いうちに必ず大きな波が来るでしょう。生活様式もコロナの前と後とでは違うものになるのでしょうね。

ハクサンコザクラ(2020年6月9日 平標山) 少々古い写真です。梅雨のため山に行くこともままなりません。7月はカラっと晴れた日がほとんどなく、まだ山には行けていません。来週は北海道の花でも載せましょうか。

200609_20200713141901

| コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

梅雨(つゆ)

 今日も九州は梅雨前線の影響で線状降水帯が発達し、1時間に100mmに達するような豪雨のところがあります。範囲も昨日の熊本県・鹿児島県から九州全体に広がっているようです。関東地方も昨日の夜から断続的に雨が降り続いています。昨日は雨の合間を縫って少し草取りをしたのですが、蚊の大群に襲われて早々に切り上げました。蚊取り線香を二つつけ、一つは腰にぶら下げ、一つは草の間い置いておくのですが、蚊は煙をものともせずに飛び回り、肌の出ているところを狙ってきます。草が茂ると蚊も増えるのですね。

 関東地方は6月11日に梅雨入りしました。その後は梅雨らしく、晴れた日がほとんどありません。私の手帳には毎日の天気が書いてありますが、ほぼまる1日お日様が拝めた日は、梅雨入り後は6/15~6/17、6/20と7/2の5日だけです。梅雨でも晴れれば山に行くことが多いのですが、実際に行ったのは6月16日の日光白根山だけです。17日は山に登らずに、同じ白根山にロープウェイで中腹(中腹といっても標高は2000mあります)まで行きましたが・・・。今週も予報を見る限りではスキっと晴れることはないようです。雨が降り続くと元気なのは草だけですね。

シラネアオイ(2020年6月17日 日光白根山)ロープウェイで白根山の山頂駅に着くと、そこには小さいながら高山植物園?があります。散歩道はシラビソの林の中にも続いていて、シラネアオイがたくさん植えられていて天然と見間違えるほどでした。

200617

| コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »