« まだ自宅待機です | トップページ | 黒川さん »

2020年5月18日 (月)

サクランボとヒヨドリ

 我が家の庭や畑にはたくさんの鳥が来て、花の蜜を吸ったり虫や種を食べています。鳥の中で一番悪さをするのがヒヨドリです。今年もサクランボ(暖地桜桃)がたくさん実り、5月初めには赤く色づき始めました。色づくと木全体に鳥よけの網をかけます。5月10日を過ぎる頃になると、実は赤くなり味もよくなります。するとヒヨドリが網の隙間から入って実を食べてしまいます。中には逃げられなくなってしまうヒヨドリもいます。もう2羽捕まえました。逃がしましたけれどね。

 網はしっかり張ったつもりでも、ほんのわずかな隙間があると入ってしまいます。留め具で網を支柱に留めてあっても、器用に外してしまうのです。本当に悪知恵の働く鳥です。2日ほど見回らなかったおとといには、1/3ほど残っていた実を全部食べられてしまいました。去年も同様のことがあったので今年はしっかりと網を張ったつもりでしたが、ヒヨドリのほうが上手でした。来年こそは一つも食べさせないぞ・・・。

ヒカゲツツジ(2020年5月15日 上野村・諏訪山) 西上州の山でも最も奥まったところにある諏訪山(1549m)の頂上付近の日陰の岩場に咲いています。めったに人も訪れない山です。もちろんこの日も誰にも会いませんでした。

200515

« まだ自宅待機です | トップページ | 黒川さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ自宅待機です | トップページ | 黒川さん »