« カメラを買ってしまいました | トップページ | 小池都知事の言葉 »

2020年3月30日 (月)

群馬の山・十二ヶ岳

 久しぶり(1月20日以来)に群馬の山を書きます。榛名山の北~北東側に標高1200mほどの山が四つ並んでいます。一番東は子持山(1296m)、その西に小野子山(1208m)・中ノ岳(1188m)・十二ヶ岳(1201m)の三つの峰があり、小野子三山とか三並山とか呼ばれています。子持山・小野子山・中ノ岳の頂上は木が茂っていて展望はあまりよくありませんが、十二ヶ岳の頂上は低い灌木だけで360度の大展望です。春に登ると、北は谷川連峰の峰々がまるで白い壁になって眼前に迫ります。南は榛名山と奥秩父の山々、東は赤城山と奥日光の山々、西は浅間山と遠くに北アルプスが望めます。展望の良さでは、群馬ではピカイチでしょう。

 登山道は四つあり、最もよく登られているのは旧小野上村からの南斜面をほぼ直登するコースでしょう。JR吾妻線の小野上駅や小野上温泉駅から歩いても登れますが、林道歩きを1時間強いられます。車で行けば登山口の入道坊主近くまで行けますが、登山口には駐車場がありません。少し下に駐車場があります。入道坊主からは杉林の中を登りますが、傾斜はどんどんきつくなって頂上直下の支尾根までは息が切れます。支尾根から中ノ岳との鞍部までは緩くなります。鞍部から先は頂上まで標高差130mほどあり、急な男坂と緩い女坂に分かれます。頂上に飛び出すと一気に視界が開け、天気が良ければいつまでも展望を楽しみたくなります。入道坊主から頂上までは1時間半程度です。

十二ヶ岳から見た谷川岳(2020年3月26日)右の白い峰が谷川岳です。その左奥は一ノ倉岳と茂倉岳、左のごつごつした峰は爼嵓です。望遠レンズでとらえたものですが、どうです、絶景でしょう。

200326

« カメラを買ってしまいました | トップページ | 小池都知事の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラを買ってしまいました | トップページ | 小池都知事の言葉 »