« 1年間お世話になりました | トップページ | 激混みの通勤電車 »

2020年1月 6日 (月)

あけましておめでとうございます

 今年は令和初の新年ということです。それも私の干支のネズミの年ですね。時代区分を明治・大正のような天皇の即位期間と同じにするようになってからであれば、私は昭和・平成・令和の3時代を生きたことになります。昭和23年生まれの私にとって昭和の幼少期は戦後のドサクサの時代でありました。食べるものも十分ではなく、母はよく「お前のお喰い初めに白米を張べさせてやれなかった」と言っていました。父の給料も安かったのでしょう。でも、周りもみんな貧乏でしたから、みじめな感じは全くありませんでした。

 昭和の終わりごろから平成にかけては、バブル景気やリーマンショックがありましたが、総じて物が有り余る世の中でした。子供の数が減り始め、各家庭に子供は一人か二人しかいません。家の周りでも子供の声が聞こえなくなりました。子供がいないということは、人類が滅びる前兆といえるでしょう。保育園の建設に子供の声がうるさいという理由で反対する輩は、子供が減るということをどのように感じているのでしょうか。令和は人が滅亡する先駆けとなる時代になるように思えてなりません。まあ、私はもう子供を増やそうなどという力は全くありませんがね。

八幡八幡宮(2020年1月1日)私の家のすぐ近所にある古い八幡宮で、私の町名も八幡町になっています。私が引っ越した十年ほど前は初詣に長い行列ができていたのですが、今年はこんなに少なくなっています。

200101

« 1年間お世話になりました | トップページ | 激混みの通勤電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年間お世話になりました | トップページ | 激混みの通勤電車 »