« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月30日 (月)

1年間お世話になりました

 今年も残すところ今日と明日だけです。1年なんてあっという間ですね。今年わが身に起こった出来事として大きなものは、皮膚病に罹ったことです。3月頃に体のあちこちがかゆくなり、適当に市販の塗り薬で済ませていたのですが、だんだんとひどくなり5月に皮膚科に掛かりました。診断は「結節性痒疹」ということで、原因不明で完治が難しく、難病のたぐいだそうです。人にうつることはなく、命に別状はないようですが、残念ながら酒が飲めなくなりました。飲むとかゆみが増すのです。ビール1杯程度であれば飲めますが、たくさんはいけません。

 私は自宅の果物などを使って果実酒を作っているのですが、飲めなくなったので寝かせてあります。梅酒は3升ありますね。思い出したように会社に持って行って飲んでもらっています。日本酒の「越乃寒梅」は料理酒になってしまいました。ビールはもう半年も冷蔵庫で寝ています。賞味期限は大丈夫でしょうかね。果実酒は寝かせただけおいしくなりますので当分はこのままにしておきます。でも来年の梅は酒ではなくジュースにしましょうかね。ともあれ、この1年ご覧いただいてありがとうございました。来年も何とか頑張ります。

台風19号の被害(2019年12月18日 小沢岳)今年の出来事で大きなものに台風19号の被害があります。10月12日夜に関東地方を通り抜けましたが、途方もない雨を降らせました。写真は私がよく行く小沢岳の林道です。林道全域がえぐられていました。修復はかなり難しいでしょうね。

19121819

| コメント (0)

2019年12月24日 (火)

中村さんに勲章

 アフガニスタンで非業の死を遂げた中村さんに、日本政府は旭日小綬章を授与することに決定したそうです。首相感謝状も贈るそうです。なんで今更とってつけたようなことをするのでしょうか。そんな勲章授与をするくらいなら、安倍自ら棺を出迎えることぐらいできなかったのでしょうかね。アフガニスタンでは棺を飛行機に積むとき、ガニ大統領が自ら棺を担っていました。亡くなられた中村さんに対しこれ以上ない敬意をもって送ってくださったのです。日本に棺が着いたとき、迎えたのは副大臣かなにかの下っ端ですよ。せめて外務大臣あたりが出迎えたなら、多少は日本政府も敬意を払ったと認められるでしょうがね。

 ガニ大統領の最大限の弔意を見て、日本政府もあわてたのでしょうかね。とってつけたような勲章と感謝状授与です。管は「多大な功績をたたえ、感謝状を授与する」といったそうです。そんなことをいまさら言うくらいなら、何で生前の活動に対し多少でも援助することができなかったのでしょうかね。どうにもこうにも腹が立って仕方ありません。

浅間山(2019年12月24日 南牧村の桧沢岳から) だいぶ前に浅間山は初冠雪したのですが、それも融けてしまい数日前まで黒い地肌がずっと見えていました。2日前の寒波と雪でようやく麓近くまで白くなりました。

191224

| コメント (0)

2019年12月16日 (月)

国会議員の給料泥棒

 国会議員は国民に選ばれて国政を担うのですから、給料が高くてもそれなりの仕事をしてくれればいいのです。大臣とか政務官とかの役につかない平議員だと月130万円ほどです。業績に関係なくボーナスも出ますので、これだけで年収は2200万円になります。このほかに月100万円の通信交通費も出ます。国会議員は立法府に勤めるのですから、いろいろなことを、調べてチェックして、国会で審議して法律を作り国を導くことでしょう。ですから国会に出席することは基本中の基本です。ところが国会に出席もしないで給料を全額もらっている(もちろんボーナスも)議員がいます。まあ、出社もせずに給料をもらうサラリーマンのようで、民間ではありえないことです。

 誰のことかといえば、選挙運動やお金の問題で大臣を辞任した菅原・河井両人で、河合は辞任の原因となった同じ国会議員の奥さんも出席していません。夫婦そろって給料泥棒です。辞任の原因を国会で追及されたくないのでしょうね。こんなことは政党や会派に関係なくきちんとすべき問題です。職場放棄の議員は辞めさせることができないのですかね。

ホトケノザ(2019年12月15日 庭で)ホトケノザはほおっておくと畑一面に広がってしまいます。草取りをせっせとしなければならないのですが、全部は取り切れずあちこちに小さなピンクの花を春まで咲かせます。

191215

| コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

車を替えました

 買った車は軽貨物で、いわゆるワンボックスバンです。前の車はハイブリッド普通乗用車のアクアで、7年乗りました。この夏、アクアにキャンプ道具を積み、北海道北部(稚内・礼文・大雪山など)を旅行しました。稚内のキャンプ場で2泊し、次の日大雪山に向かったのですが、夕方から雨になりテントをあきらめてキャンプ場にある宿に泊まりました。アクアも7年乗ったのでそろそろ替え時ですが、どうせ替えるなら車の中で寝られるようなものにしようと考えたわけです。北海道に住んでいた三十数年前、軽のワンボックスバンで子供たちとキャンプ旅行をしたことが楽しく思いだされたこともあります。

 先週末に納車となりました。後ろの座席をたたむとほぼフラットになり、130×180cmの広さになります。車中泊用のマットを敷けば十分寝られます。ソーラーパネルとポータブル電源を持っていけば、それなりの文明生活のままアウトドアライフができることになります。車はスズキのエブリイです。今風の車はオーディオレス仕様が多いのですが、スズキは少々古いのかハイグレードの車にはカーステレオが付いています。うれしいのはAUX端子があって、わたしのMDウォークマンが接続できることです。軽ですから価格も維持費も安くて、年金生活者にはありがたいことです。ただし、燃費はアクアより相当劣りますが・・・。車もこれが最後でしょう。あと十年乗れるかどうか、年齢を考えると難しいところですね。

庭の菊(2019年12月4日) 我が家の庭には、買ったザル菊を植え替えたものがどんどん増えて菊畑ができています。12月下旬まで咲いています。

191204

| コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

ポータブル電源

 先日持ち運びができる小型のバッテリーシステムを購入しました。240Whの容量があります。重さは3.2kgで、取っ手もついていて持ち運べます。用途は災害時の停電用ですが、家庭用電源・車のシガーライターおよびソーラーパネルから充電できます。Amazonのタイムセールなどで2割引きとなり、出力60Wのソーラーパネルと合わせて3万5千円ほどで買えました。容量がそれほど大きくなく、また最大200Wの機器しか使えませんので、エアコンや冷蔵庫は無理ですが、照明や携帯の充電なら十分ですし、小型のテレビなら6時間は見ることができます。わずかながら省エネに貢献できます。また、キャンプの電源としても利用できます。

 理想を言えば家庭の電気すべてをまかなえるだけのシステムがよいのでしょうが、それでは何百万円もかかってしまうでしょう。もうこの先長~く生きるつもりはありませんので、元が取れませんね。私の年齢・経済状態から見ればこんなところでしょう。おかげで我が家ではエネループの充電原はすべて太陽光になりました。昨日は小型のLED電球(40W,口金E17)とコード付きソケットを買ってきて非常用照明としました。計算では40時間以上点灯できます。もちろんキャンプにも使えます。来年の夏が楽しみになりました。また、そのうち報告しますが、車をアクアから軽のワンボックスバンに代えます。荷室で寝泊まりできますよ。

冬桜(2019年11月26日 妙義山) 春の桜と違って、冬の桜には華やかさがありません。春は山が笑うようですが、今の季節は桜が咲いても悲しそうです。

191126

| コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »