« 2019年10月 | トップページ

2019年11月18日 (月)

花見の会なんて

 首相主催の花見の会がやり玉に挙げられています。だいぶ昔から行われていたようで、近年では1万人以上の人が招待されています。1万人も来るなんて、そつなく接待するのもさぞ大変でしょう。いいじゃないですか、花見の会くらい。上野だって飛鳥山公園だって、みんな楽しんでいますよ、自腹で。1万人がみんなでつまみや酒を持ち寄って、安倍さんを囲んでどんちゃん騒ぎをすればいいでしょう。最も安倍も1万人に取り囲まれたら恐怖を感じるでしょうがね。

 問題はその費用が税金ということで、それも今年は2万人近くに膨らんだということでしょう。首相主催なのですから、安倍の取り巻きが多いこともまあいいでしょう。その分は安倍がポケットマネーで賄えばいいのです。しかし、これは正式に政府の行事のようです。その招待者の名簿が10月9日に廃棄されていました。その前日に共産党が国会で取り上げた次の日ですよ。ヤバいから廃棄したのでしょうね。国会もやることがないのですか。こんなことは早くきちんと片付けて、大事なことを審議してくださいよ。

クロッカス(2019年11月16日 庭で)クロッカスが咲き始めました。おかしなことに、以前は赤・黄・紫の3種類があったのですが、いつの間にか紫だけになってしまいました。どうしてでしょうか?

1911161

| コメント (0)

2019年11月11日 (月)

映画のこと

 私が映画好きなことはもう何回も書きました。子供のころお正月のお年玉を握りしめて、隣町の映画館へ「紅孔雀」や「笛吹童子」などの中村錦之助や東千代之介の時代劇を見に行きました。学生時代は、月数百円の会費を払って映画鑑賞会に入り、毎週封切りから少し経った映画を見ていました。今でも印象に残っているのは「パリのめぐり逢い」と「いちご白書」ですかね。「パリのめぐり逢い」は著作権の関係なのかビデオテープでもDVDでも発売されておらず、もう見ることはかなわないようです。北海道に住んでいたころ、出張で地方に出ると仕事が済んでから駅前の映画館にふらっと入り、よく映画を見ました。もう何を見たか覚えていないのですが、帯広で「八甲田山死の彷徨」を見たことは覚えています。

 東京に転勤してからは、映画館に足を運ぶことはほとんどなくなりました。年に1回行けばよいほうでしょう。今はBSなどで毎週何十本も映画を放映しています。見たい映画をネットの番組表で選んで、後で録画したものを見ます。毎週数本は見ます。気に入ったものはDVDに保存し、ストックの中から週に数本は見ますから、なんだかんだで週10本以上は見ていることになります。映画館の大画面と違い、我が家のテレビは32インチでしかないので、迫力は大きく違いますが、良い映画はやはり良いものです。先日はBSプレミアムで「鉄道員」を放映してました。もう何十年も前の白黒映画ですが、大変良かったですね。

カルガモがカエルを食べています(2019年11月6日 赤城・覚万淵)赤城山のミニ尾瀬と称されている覚万淵には、カルガモがたくさんいます。そのうちの1羽が、死んだカエルですか、つついていました。

191105

| コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

身の丈

 読んで字のごとく身長のことです。萩生田文部科学大臣がテレビの討論番組で、2020年に始まる大学入学共通テストへの導入が予定されている英語の民間試験の、地域・貧富格差の問題に対して、「自分の身の丈に合わせて勝負すればよい」と発言しました。当然ながら非難殺到で、萩生田は発言を撤回し謝罪しましたが、撤回しても発言した事実は消えません。萩生田は本音を言ったのでしょう。大臣になる前から加計問題などで不適切発言を繰り返したヤツです。まあ、こんなもんでしょう。こんなヤツを大臣に据えたやつもこの程度でしょうから・・・。

 でも言ったことは当たっていますよ。大臣としての立場からは言ってはならないことですがね。昔、「貧乏人は麦を食え」といった首相がいましたっけ。世の中格差のない社会などありません。共産主義の中だってあるのですから、格差があってその格差が是正できない限り、ある程度の格差は受け入れざるを得ません。しかし、教育を所管する大臣の発言としてはとんでもないことでしょう。教育基本法をちゃんと読んでください。

浅間山とカラマツ(2019年10月30日 小浅間山) 山は秋真っ盛りになってきました。毎年のようにこのカラマツを見に小浅間山に登ります。

191030

| コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ