« ボクシング映画 | トップページ | 身の丈 »

2019年10月28日 (月)

我が家のリンゴ

 我が家の畑にはリンゴの木が2本植えられています。1本は国光、もう1本はフジです。植えてからだいぶたちますが、去年初めて実をつけました。今年は多くなって両方とも20個くらいの実がなりました。花が咲いたらお互いの花粉で受粉させます。花は1か所に何個も咲き、実をつけて小指の先ほどの大きさになったら、一番大きな実を残してあとは摘んでしまいます。ゴルフボールぐらいの大きさになったら、消毒後天気の良い日に袋をかけます。30個くらいづつ掛けました。そのうち落ちてしまうものがありますが、赤くなるのは国光のほうが早くて、8月下旬には色づいてきました。

 国光は9月中旬に初収穫しました。少しづつ採って10月まで収穫できました。国光は昔ながらのリンゴで、酸味がやや強い小ぶりのリンゴですが、会社に持って行ったら大好評でした。国光が終わるとフジになります。9月下旬から色づき初め、10月13日に2個初収穫しました。市販のもののように真っ赤にはならなくて青みが相当残っていますが、ほんのり赤くなったくらいでも食べればまさにフジです。今日会社へ持ってきました。これも好評ならよいのですが・・・。我が家の果樹の秋果はこのフジで終わりです。あとは12月のキンカンまで待たなければなりません。今年の柑橘類はミカンとユズがまったくだめでした。寂しい限りですが、まあミカンととリンゴがどちらも育つ土地であることはうれしいですね。

荒船山紅葉(2019年10月23日) 紅葉の写真が続きます。高い山から始まって群馬県では標高1500mくらいにまで降りてきました。今年は色づきがよいようです。

191023

« ボクシング映画 | トップページ | 身の丈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボクシング映画 | トップページ | 身の丈 »