« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月30日 (月)

3.2億円のワイロ

 関西電力の経営陣が、原発立地に絡むとみられるバックマージン(つまりワイロ)3.2億円を受け取っていたことが判明しました。立地町の元助役から2001年から8年間にわたって受け取ったそうです。20人が8年間で3.2億円ですと、一人当たり1年200万円になります。金額・人数・期間はあいまいですからもっと膨らむ可能性もあるでしょう。金品だそうですから現金だけではないのでしょうが、8年間に200万円ずつ受け取れば感覚はマヒしてしまうのでしょうね。記者会見した社長もそのように見えました。細かい説明はまったくせずに、贈られたものをずっと保管していたといっていました。金も品も20年近くどこに保管していたのでしょうかね。

 儀礼として日本では盆暮れに世話になった人に中元・歳暮を贈る習わしがあります。その習わしも今では昔ほど盛んではないのでしょうが、わが社にも盆暮れになると協力業者や、まれにはお客様からジュースやお菓子が届きます。儀礼の範囲を超えるものでない限り、ありがたく頂戴して社員で分けます。だいぶ昔になりますが、以前勤めていた会社の地質調査の課長をやっていた時、私個人に10万円の商品券を贈られたことがありました。「10万円などという金額は私にとって儀礼範囲を超えています。私に対してならせいぜい3000円程度でしょう」と書いたメモを同封して丁寧に送り返したことがあります。その業者からは後で数千円程度のコーヒーか何かが送られてきたと記憶しています。その業者は社員との癒着もあったことから、私の課では発注を控えるようにしました。

ツリフネソウ(2019年9月25日 上信国境・物見山)9月10月にはキノコを採ることも目的として山に登るのですが、物見山の手前の物見岩は360℃の大展望で、北アルプスや八ヶ岳がよく見えました。

190925

| コメント (0)

2019年9月24日 (火)

ラグビー

 ラグビーのワールドカップが日本で行われています。アジアでの開催はこれが初めてということで、大いに盛り上がっているようです。私の好きな映画でいえば、「インビクタス」がラグビーを中心に描いたもので、南アフリカのマンデラ大統領が誕生したころ、ワールドカップ開催国の南アフリカチームが優勝するまでをマンデラ大統領の信念を含めて話を進めています。南アチームは白人主体のチームで、マンデラが大統領となったころ、黒人主体のスポーツ協会が今までの白人主体のラグビーチームのチームカラーと名称を変更しようとしたところ、マンデラが止めて「国は一つ」とチームを応援するのです。その応援に応えてチームはワールドカップを制します。クリント・イーストウッドが監督し、モーガン・フリーマンとマット・デイモンが出演していました。

 ラグビーはイギリスで生まれたスポーツです。そのせいかイギリス連邦やヨーロッパの国々ではサッカーに劣らず盛んです。イギリスは紳士の国と言われていますが、ラグビーのことを「紳士がやる野蛮なスポーツ」といい、それに対してサッカーは「野蛮人がやる紳士的なスポーツ」ともいわれています。まあ、イギリスで紳士とは上流階級のことですから、我々しもじもはあまり気にすることもありませんがね。同じようなスポーツでもっと激しいアメリカンフットボールは「野蛮人がやる野蛮なスポーツ」とでもいうのでしょうかね。少なくともラグビーでは「相手選手をつぶせ」などという指令は出ないでしょう。それにしてもニュージーランドのチームが試合前に踊る「ハカ」は迫力がありますね。

ツリガネニンジン(2019年9月20日 浅間山塊・池の平)池の平は浅間山の西に連なる峰々に囲まれた標高2000mほどのくぼ地で、乾燥化が進んでいますが夏には多くの花が咲き乱れます。9月も下旬になると花も少なくなり、咲き残りのツリガネニンジンが風に揺れていました。

190920

| コメント (0)

2019年9月17日 (火)

千葉の停電

 千葉県内では9日の台風15号による被害で、まだ多くの家々で停電・断水が続いています。当初は2~3日で復旧するという見通しを立てていた東電は、最長27日ごろまでかかると復旧見込みを変更しています。復旧遅延の原因は倒木があまりにも多いということです。2~3日の復旧見込みが甘すぎたことは否めませんが、最大瞬間風速60m/s近い暴風の被害がこんな形で出てくるなんて、東電だけではなく誰にも予測できなかったでしょう。

 もう停電・断水が1週間以上となりました。東日本大震災の時、福島原発が被害を受け、発電・送電能力が低下したとき、関東地方では計画停電が実施されました。わずか3時間程度の停電でさえ、夜間の停電は大変不便を感じました。それが1週間、これからさらに10日間も続き、しかも断水が加わっているのですから、家に直接の被害がなかったとしても我慢の限界を超えるものがあるでしょう。1日も早い復旧を祈ります。

ベニテングタケ(2019年9月10日 黒斑山)浅間山は火山警報が2(周囲2km立ち入り禁止)ですが、外輪山の黒斑山には登ることができます。シラビソの木の根元にあったベニテングタケです。

190910

| コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

台風15号

 今朝台風15号が相模湾から鹿島灘へと関東地区南部を通り抜けました。台風の進路の右側(東側)では特に風が強くなり、千葉市では最大瞬間風速57.5m/sを記録しています。時速に直すと200km/hで新幹線並みの速さの風です。雨もひどく、おかげで首都圏の交通網はマヒし、昼になっても運転できない鉄道があるくらいです。我が家は雨はそこそこ降ったのですが、風は弱くそよ風程度でした。群馬は関東であっても首都圏ではないらしく、高崎周辺の鉄道は高崎線を除いてすべて始発から正常に動きました。新幹線もダイヤどおりでした。

 私はJR信越線・新幹線・埼京線を乗り継いで、東京板橋駅近くの会社に毎週月曜日に通っています。朝、テレビのニュースで埼京線は8時ころに運転の予定ということなので、大宮駅に8時過ぎに着くように時間を合わせて信越線・新幹線に乗りました。新幹線をおり埼京線のホームに向かうと、電光掲示板に運転は10時ころと出ていました。困ってホームに立っているとアナウンスがあり、これから運転を始めるということで、8時35分頃の大宮始発の池袋行き各駅停車に乗ることができました。板橋駅には9時20分頃に着きました。会社に着いたら鍵がかかっていては入れません。誰も出社できていないのですね。だいぶ待ってから、鍵を持った社員が出てきてようやく中に入ることができました。こんなこともあるのですね。

タカネナデシコ(2019年9月3日 浅間山塊・角間山)毎年9月になると、花を見るのもさりながら、キノコを探して角間山や湯ノ丸山に出かけます。今年は時期がずれているのか不作なのかキノコが少なくて、採れたのはハナイグチとチチタケが少しでした。花はタカネナデシコやツリガネニンジンがきれいに咲いていました。

190903

| コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

蚊とブヨと毛虫

 畑の土を耕したり草取りや果樹の剪定などの農作業で、最大の悩みは虫刺されです。注意しても一日何か所かは刺されます、最も多いのは蚊ですが、ブヨや毛虫にも刺されます。作業中は蚊取り線香を、一つは腰にぶら下げ一つは地面に置いているのですが、効果があるのかないのか、ひどいときはその煙の中を蚊が飛び回っています。それでも少しは効果があるのか、左の腰に蚊取り線香をぶら下げていると刺されるのは右腕や右足が多いですね、それも服の上からです。

 木の剪定をしていると毛虫に刺されることもあります。先日は首のところに毛虫が落ちて思わず手で払ったところ、首の周りにみみずばれができました。かゆみは1週間くらい続きました。蚊や毛虫は刺されればすぐわかるのですが、ブヨは刺されても気が付くのが遅くなります。かゆみは蚊よりもひどく、長引きます。ブヨには蚊取り線香がきくのでしょうかね。いずれにしても後1~2か月は虫に悩まされる日が続きます。

ママコナ(2019年8月21日 榛名山)花の中にある白い斑2つを米粒に見立てて、ママコナという名が付きました。漢字では飯子菜と書きます。

190821_20190902142501

| コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »