« 我が家のお盆 | トップページ | 家庭果樹園 »

2019年8月19日 (月)

暑さの中の農作業

 ここのところ、ずっと暑い日が続いていました。前橋では最高気温が35℃以上の猛暑日が10日以上も続いたようです。わが高崎の外れは(安中市寄り)前橋よりも1~2℃低いのですが、それでも似たようなものでしょう。8月8日には前橋で389℃を記録し、今年一番の暑さとなりました。9日も38.5℃でしたので、体に応えました。

 こんなに暑くても雑草は生き生きと伸びてくるので、草取りが欠かせません。畑や小径にかがみこんで草を根こそぎ取ります。根をとらないと二週間くらいで元の通り生えてしまいます。麦わら帽子をかぶり、手ぬぐいを首に巻いた典型的な農夫のスタイルで作業をしています。太陽を背負って草をとっていると汗がしたたり落ちます。「太陽を背に受けて幸せだ」なんて歌(ジョン・デンバー)がありますが、猛暑日では幸せどころか地獄ですね。時々は小さなポットに入れてある冷たい水を飲みますが、あっというまにのどが渇きます。若いころは暑いさ中に山に登っても、休みの時以外は水を飲むこともなかったのですが、今では30分ももたずに水を飲みます。それでも熱中症にならずに動けているのですから、まだまだ丈夫なのですかね。

ミヤマシャジン(2019年8月6日 谷川岳)先週と同じ谷川岳の写真です。山は夏から秋へと変わり始めており、秋の花も多くなってきました。

190806_20190819135501

« 我が家のお盆 | トップページ | 家庭果樹園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のお盆 | トップページ | 家庭果樹園 »