« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月26日 (月)

家庭果樹園

 我が家の庭(畑)には、野菜のほかに果樹も植えられています。家庭菜園ならぬ家庭果樹園ですね。一種類当たりの本数は少ないのですが30種類近い果物が実ります。最も多いのはカキで、9本あります。そのほかは1~3本程度です。昨日まではナシがよく実っていました。幸水と原種に近い不明の木が1本づつあり、30個ほど実りましたがもうほとんど食べてしまいました。これからはイチジクとブドウ(デラウェア)です。イチジクは夏果と秋果の2回収穫できるものが2本あり、秋果のほうが少し小さいのですが数は多く採れます。デラウェアは今年は大豊作で、だいぶ色づいてきました。あと2週間もすれが収穫できるようになるでしょう。

 果樹を育て、実がなると大敵は虫と鳥です。モモは栽培が難しく、殺虫剤を使わないと全部虫に食べられてしまいます。殺虫剤を散布し袋をかけても半分はだめになってしまいます。ブルーベリ・ナシ・イチジク・ブドウは鳥が来て食べます。鳥も熟しておいしくなったものはわかるようで、イチジクなどはあっという間に食べられます。ブドウ棚は実が色づくころに全体を鳥網で囲っています。イチジクなどは寒冷紗を適当な大きさに切り、色づき始めた実をひとつづつ包んでいます。モモやナシも袋を外したらそうしています。素人の百姓も大変です。

ユウスゲ(2019年8月21日 榛名山)山は秋風が吹いて、榛名山の沼の原はユウスゲ・コウリンカ・マツムシソウなど初秋の花が満開です。写真のバックは榛名富士です。

190821

 

| コメント (0)

2019年8月19日 (月)

暑さの中の農作業

 ここのところ、ずっと暑い日が続いていました。前橋では最高気温が35℃以上の猛暑日が10日以上も続いたようです。わが高崎の外れは(安中市寄り)前橋よりも1~2℃低いのですが、それでも似たようなものでしょう。8月8日には前橋で389℃を記録し、今年一番の暑さとなりました。9日も38.5℃でしたので、体に応えました。

 こんなに暑くても雑草は生き生きと伸びてくるので、草取りが欠かせません。畑や小径にかがみこんで草を根こそぎ取ります。根をとらないと二週間くらいで元の通り生えてしまいます。麦わら帽子をかぶり、手ぬぐいを首に巻いた典型的な農夫のスタイルで作業をしています。太陽を背負って草をとっていると汗がしたたり落ちます。「太陽を背に受けて幸せだ」なんて歌(ジョン・デンバー)がありますが、猛暑日では幸せどころか地獄ですね。時々は小さなポットに入れてある冷たい水を飲みますが、あっというまにのどが渇きます。若いころは暑いさ中に山に登っても、休みの時以外は水を飲むこともなかったのですが、今では30分ももたずに水を飲みます。それでも熱中症にならずに動けているのですから、まだまだ丈夫なのですかね。

ミヤマシャジン(2019年8月6日 谷川岳)先週と同じ谷川岳の写真です。山は夏から秋へと変わり始めており、秋の花も多くなってきました。

190806_20190819135501

| コメント (0)

2019年8月14日 (水)

我が家のお盆

 我が家の菩提寺は鎌倉・建長寺の塔頭(たっちゅう)龍峰院です。建長寺の境内にある1307年創建の寺です。昔は、故郷の葉山の山奥にあった小さな寺にお墓があったのですが、廃寺にでもなったのか小さいころに近所の根岸一族とともに龍峰院に代わりました。臨済宗ですので、禅寺です。我が家のお盆は、龍峰院のお施餓鬼法要から始まります。毎年8月10日午後に、20人以上のお坊さんが読経し供養します。1時間ほどは暑い夏の午後にお経を聞き焼香します。昔は葉山に住んでいたので龍峰院に通うのも楽だったのですが、今は高崎からですので大変です。それでもリタイア後は1月5日の新年のあいさつとお施餓鬼には出席するようにしています。

 13日の夕方はキュウリとナスで馬を作り、夕方に迎え火を焚きます。15日夕方の送り火で送り出すまで、2泊3日でご先祖様全員が我が家の小さな仏壇に集うわけです。激混みでしょうね。その間は、朝晩の食事をお出しします。昨晩は暑かったのでソーメンでした。家で採れた果物や母が好きなホウズキも飾ります。今日14日は雨で少し涼しくて、ご先祖様たちも涼みながらおしゃべりをしているでしょうね。齢をとるとこのような習慣も大切にしたくなりますよ。

キオン(8月6日 谷川岳)この日は前橋で38度を記録した日で、登り始めから暑くて久しぶりの大バテでした。午後からは雷雨となり、ずぶぬれで下山しました。

 190806

| コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

プロバイダーを変えました

 私ははるか昔からNiftyの会員でした。今のインターネット環境が整う前に、パソコン通信というインターネットメールの前身があったころの話です。もう何十年にもなるでしょうね。電話が光回線となりパソコンがLANで接続でき、インターネットが急速に普及したおかげで世の中便利になった反面、虚実取り混ぜた情報が必要以上にあふれるようになりました。我が家の電話はNTTで、光回線はNiftyでした。請求はNiftyから毎月6900円も来て、NTTと合わせると8000円にもなりました。

 今度プロバイダーをSo-netに変更し、光回線はNURO光となり、電話番号が変更になりました。請求は全部込みで半額程度になります。さらに今までのNTTの古いブロードバンドルーターが全く新しいWi-Fiルーターになりました。私のパソコンは今まで通り有線LANのままですが、プリンタなどはWi-Fi仕様が主になっていますので助かりますね。でも長い付き合いのNiftyはなぜ手を打ってこなかったのでしょうか。Niftyが同じ仕様・料金にできないわけはないでしょうに。残念です。

 ところで、先週プロバイダー変更に伴い、ブログを一時休止するようなことを書きましたが、調べたところ我がブログは無料のものでしたので今まで通り続けられるようです。お騒がせしました。ごめんなさい。

クマさん(2019年8月1日 尾瀬)鳩待峠と尾瀬・山ノ鼻の間にいた、クマの親子です。人に慣れているようで、私たち登山者には目もくれませんでした。

190801

| コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »