« 参院選の結果 | トップページ | プロバイダーを変えました »

2019年7月29日 (月)

三権分立は幻か

 三権分立は民主主義の基本と言われています。立法・行政・司法が互いに侵されない権限を有するというものです。しかし、日本では本当の意味での三権分立はあるのでしょうか。言葉だけで中身は空疎な感じがします。26日の夜、荻生田自民党幹事長代行は「国会での憲法改正の議論が停滞したままであれば、大島衆院議長を交代させる可能性がある」と述べています。荻生田は衆院議員(当選5回)で政府(行政府)では内閣官房副長官を務めたことがあります。そんな奴が立法府の長である議長の更迭を口にするなんて信じられない暴言でしょう。安倍の腰ぎんちゃくはここまでするのでしょうかね。

 まあ、我が国では三権といっても行政の長(つまり内閣総理大臣)が絶大な権力を持っています。司法の長である最高裁判所長官を任命できるのも内閣です、立法府の長も事実上は内閣総理大臣(=自民党総裁)が任命できるでしょう。しかし、首相でもない奴が立法府の長の人事に口を出すことは、この男の傲慢さがむき出しになったものでしょう。ただでさえ荻生田は国民に鳥肌を立たせるようなことを平気で口にするやつです。こんなやつを国民の代表に選ぶことは今度こそやめましょうよ。

 ところで、今度プロバイダーを光回線の都合で変更することになりました。しばらくブログをお休みすることになりますが、必ず再開します。わが社のホームページにリンクさせますので、再開したらホームページでお知らせします。

イワブクロ(2019年7月12日 十勝岳)イワブクロは樽前山で発見されたことからタルマエソウとも呼ばれています。火山砂礫のほかの植物が侵入できないようなところに生えています。

190711_20190729113701

« 参院選の結果 | トップページ | プロバイダーを変えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参院選の結果 | トップページ | プロバイダーを変えました »