« イージスアショア候補地選定の怪 | トップページ | 30年で2千万円 »

2019年6月17日 (月)

高齢者運転講習

 体力や視力などの身体能力ではなく、法律や制度などが自分自身の年齢を実感せざるを得ないことがありました。2月に高齢者運転講習の案内が来ました。運転免許更新時に70歳を超えている人にはこの講習が義務付けられているとのことです。込み合いますので直ちに指定機関に予約してくださいと記してありました。高崎市内のモータースクールに電話したら早くても6月だということで、6月15日に予約を取り付けました。

 半年たって講習に出かけました。ペーパー講習や視力・動体視力・視野の検査があり、その後運転実技がありました。クランクやS字カーブなどもありましたが、面白かったのはアクセルとブレーキの踏み分けですね。低い縁石に軽くぶつけて車を止め、アクセルを急激にふかして縁石を乗り越えたら速やかにブレーキをかけるというものです。私はまだ反射神経が衰えてはいないようで、先生から二重丸をいただきました。運転評価は最上位の「安定した運転」でしたが、一緒に実技を受けた人はなかなかそこまでいかないようで、先生に注意されまくったり、ブレーキを何回も踏まれた人もいました。しかし年を取るとこんな講習を受けなければならないし、免許の有効期間も75歳までは4年、75歳以上は3年と短くなってしまいます。自分が体力的な衰えを自覚していなくても、このような制度が自分の年齢をいやというほど思い知らされます。世の中70歳までは働いて、年金の受給を遅らせるような風潮ですが、個人差はありますがヨレヨレになっても働かなくてはならないなんで、これが福祉国家のやることですか、と思ってしまいます。

ユキワリソウ(2019年6月13日 黒斑山)浅間山の外輪山である黒斑山は花の山として知られています。登山道沿いに咲くツガザクラやハクサンイチゲが見事ですが、ちょっと寄り道するとユキワリソウの群落を見ることができます。

190613

« イージスアショア候補地選定の怪 | トップページ | 30年で2千万円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イージスアショア候補地選定の怪 | トップページ | 30年で2千万円 »