« 丸山穂高 | トップページ | 板についた百姓姿 »

2019年5月27日 (月)

間抜け犬顔の二人

 あまり褒められたことではないのでしょうが、私にはどうしても我慢できない顔つきの人間が存在します。すべてを金に換算して、儲かることが国家の利益と考えやつです。こう言えば誰かはすぐわかるでしょう。現在日本に来ていて、これも我慢できない奴とゴルフをし、間抜け犬の顔を二つ並べて写真に納まり、土俵際に特等席をあつらえて、天皇陛下すらできないような厚遇を受けています。こんな厚遇は歴代の国賓にはありませんでした。大体は二階の貴賓室からの観戦でした。

 一体我が国はこんなやつにどこまでへつらうつもりなのでしょうか。あきれ果てて、私は日本国民であることが嫌になりました。七十数年前、我が国は指導者を気取る無能の奴らのために滅亡寸前になりました。さらにその30年ほど前、似たような馬鹿どものために世界初の大戦争が起こり、中途半端な解決しかしなかったために次の大戦になってしまいました。今の世の中は第一次世界大戦の直前に似ているという人がいます。同じ展開とならないことを心から望みます。実際に人を殺す武器は取らなくても、現在は戦争状態になることがあるのですから。

トウゴクミツバツツジ(2019年5月22日 赤城・つつじが峰)赤城のつつじが峰は標高900mから1450mまで続く尾根のことで、尾根すべてがヤマツツジとトウゴクミツバツツジで覆われ、上部の稜線にはアカヤシオとシロヤシオがあります。尾根の登山道のほとんどがツツジのトンネルになるのは日本でもここぐらいではないでしょうか。

190522

« 丸山穂高 | トップページ | 板についた百姓姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山穂高 | トップページ | 板についた百姓姿 »