« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月22日 (月)

10連休

 世の中は、平成の終わり・令和の始まり、天皇の退位と即位、祝日の水増しなどなど大騒ぎです。即位の日の5月1日が臨時の祝日となり、おかげで祝日に挟まれた4月30日と5月2日までもが国民の休日となってしまい、今年のゴールデンウィークは土曜日を入れて4月27日から5月6日まで10日間も休日が続くことになります。まあ、半リタイアの私にはあまり関係のないことですが、世の中こんなに休んでいいのかね、と自分を棚に上げて思っています。

 各人が自分の意志で自由に10日間休みをとれるのならいいですが、全国一斉にお国が決めた休みを全国民がとるのですから、大政翼賛会的な休みですね。まあ、みんなでとれば怖くないですかね。それでも休めない人は大勢いて、交通関係やスーパー・コンビニなどの流通関係、ごみ収集にかかわる人たちは10連休など夢でしょう。そこそこの企業に勤めるサラリーマンやサラリーウーマンのための10連休なのでしょうね。10連休を休めない人には振り替え休日がとれるのでしょうか。また、日給月給の人たちはそれだけ減収になるのでしょうね。

エイザンスミレ(2019年4月16日 西上州・大屋山) 日本にはスミレが300種もあるといわれています。スミレの中で私はこのエイザンスミレが好きです。

190416

| コメント (0)

2019年4月15日 (月)

山菜の季節

今日(4月15日)は出勤日で、昨日家の裏庭で採ったギボウシを会社に持参しました。ギボウシは東北ではウルイといって、春の山菜ではポピュラーなものです。山では1000~2000mほどの湿地に多く生え、夏に紫色の花を咲かせます。平地でもよく育ち、我が家ではだいぶ株分けして増やしました。若葉のころは毒草のコバイケイソウと間違えて食べてしまうこともあるということです。ギボウシは湯がいておひたしにして食べます。わずかな苦みとぬめり感があっておいしいものです。

 我が家の庭では3月下旬にヤブカンゾウが採れ始め、ギボウシが次に採れます。山のニッコウキスゲはヤブカンゾウと同じ種類で食べられますが。さすがに採ったりはしませんね。庭のヤブカンゾウは増えて困るくらいで、近所の人に分けたり会社に持って行ったりします。次はタラノメでだいぶ芽が膨らんできました。あと1週間くらいで食べられるようになるでしょう。うれしい季節です。

ミツバツツジ(2019年4月9日 吉井・八束山)ようやく七分咲きで、去年よりも10日は遅いくらいです。ヤマツツジは三分咲きで、これも遅く山菜も今年は遅いのでしょうね。

190409

| コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

統一地方選

 昨日統一地方選挙の投票をしました。群馬県では県議選だけでしたが、21日には高崎市議選が行われます。どうせなら一日でやってくれればよかったのですがね。今回の高崎選挙区では、定員9人のところ10人が立候補しました。毎日選挙カーや運動員が我が家の周辺に来ていました。今年から各戸に運動員が来てビラ配りをするのがよくなったのでしょうかね。候補者本人や運動員が来てビラを置いていきます。先日は本人か運動員かはわかりませんが、「〇〇です」と玄関で言っていたので「どちらの〇〇さんでしょうか?」と聞いたら黙って帰ってしまいました。どうやら選挙の関係だったようです。それなら「県議選に立候補した〇〇です」といえばいいのに、ただの「〇〇です」では押し売りと同じですよ。

 まあこの候補は確実に票を減らしたでしょう。昔は戸別訪問は禁止されていたのですが、だんだんと緩くなってきて、ネットやメールでの情報提供・売り込みなども解禁されるのでしょうか。地方選挙は議員のなり手がいなくなったり、投票率が大きく低下したりして曲がり角に立っています。どうしたらいいのでしょうかね。

カントウタンポポ(2019年4月4日 富岡市郊外) 一時はわが国固有のタンポポは西洋タンポポに駆逐されてほとんど見なくなっていたのですが、この頃はよく見かけるようになりました。ススキもそうですが固有の植物が帰化植物に反撃しているのでしょうね。

190404  

| コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

JRダイヤ改正

 3月16日にJRはダイヤを改正しました。私は週に一度高崎の郊外から東京の会社に通っています。JRのダイヤ改正により私の通勤が大きく変わることがあります。何年か前の改正では、朝いつも乗る信越線の電車がなくなって、会社の始業時間に間に合わなくなりました。会社には2~3分の遅れを大目に見てもらっています。信越線の本数は少ないのですが、新幹線は多いので大幅には遅れなくて済んでいました。

 でも、帰りは大変です。朝や晩のラッシュ時は1時間に2本ほどあるのですが、そのほかの時間帯は1時間に1本しかありません。新幹線との乗り換えがうまくいかないと1時間近く待たされることになります。今度の改正がまさにこれでした。帰りにいつも乗っていた「たにがわ」は途中の本庄早稲田駅で通過待ちのため 3分ほど止まるようになったのです。このため高崎駅への到着が遅れ、いつもの信越線に乗れなくなり次の電車まで50分も待つ羽目になりました。しかし、通過待ちとは言えども、平日は通貨列車はないのです。どうやら臨時列車のための通過待ちのようです。なら、臨時列車運行時だけにしろよと言いたくなります。会社に話して退社時間を15分早めてもらい、1本早い新幹線に乗ることができるようになりましたが、腹が立ちます。

カタクリ(2019年3月26日 赤城山麓・嶺公園) 峯公園には赤城の湧水を利用してつくられたミズバショウやリュウキンカが咲く湿性地があります。丘にはカタクリも植えられています。

190326

| コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »