« 3.11その日私は | トップページ | スマホ嫌い »

2019年3月18日 (月)

ニュージーランドの惨劇

 ニュージーランド南東のクライストチャーチで、20代の若者がイスラム教のモスク2か所を襲い、銃を乱射して49名の命を奪い多くの負傷者を出しています。犯人は「移民が白人社会を脅かしている」ことを動機としているようです。私は全く知らなかったのですが、治安のよいとされているニュージーランドでは、16歳になれば銃保有の許可が得られるということです。犯人はセミオートの小銃2丁を含め5丁の銃を使用しています。人口500万人に届かない国で100万丁を超える銃が流通しているとは驚きです。アメリカ以外の先進国にもこんな国があったですね。しかも治安が良いと評判の国ですよ。もっとも、調べてみたらスイスはこれ以上の保有率ですが・・・。
 
 わが国でも審査に通れば銃の所有は可能ですが、銃の種類・保管場所・更新など世界で最も厳しい規制が敷かれています。銃規制の厳しさが治安の良さにつながるかは別問題ですが、少なくとも大量殺戮は起こしにくくなるでしょう。大量殺戮の手段は銃のほかには薬品や爆薬がありますが、銃規制が緩い国では銃が最も手軽で安価でしょう。アメリカを含めて銃規制を厳しくし、許可するとしても大量殺戮が可能な銃器は禁止すべきでしょうね。
 
オカメザクラ(2019年3月14日 庭で) オカメザクラは桜の園芸品種で、カンヒザクラ(沖縄に咲いている桜)とマメザクラ(中部・関東)の交配種だそうです。毎年3月中旬には咲きます。あまり大きくならず、我が家のものは苗を植えて5年以上になるのですが、1.5mほどの高さで、花をいっぱい咲かせます。我が家にはこのほかソメイヨシノとサクランボの佐藤錦・ナポレオン・暖地桜桃があります。
 
190314

« 3.11その日私は | トップページ | スマホ嫌い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランドの惨劇:

« 3.11その日私は | トップページ | スマホ嫌い »