« 役所・企業の嘘 | トップページ | みあちゃん »

2019年2月 4日 (月)

統計問題

 厚労省の統計不正問題で政府と国会が大きく揺らいでいます。今日も国会で取り上げられていました。厚労省だけでなく他の省庁の統計でも手抜きや間違いが見つかっていて、国が実施する統計調査とそれに基づく施策の信頼性が大きく損なわれました。統計調査は基本的には同じ手法、同じ項目を長期間にわたって調べ、その結果の変化や原因を突き詰め、将来の道を定めようとするものでしょう。その統計で長い間不正があったのですから、統計結果に基づいて行われてきた政(まつりごと)も少々おかしなことになるのでしょうね。
 
 統計の結果は最終的には数字で表されます。ある人が云っていました。数字は嘘をつかないが、嘘つきが数字を使うとか作るとか・・・。多くの政治家や役人には耳の痛い言葉でしょう。しかし今の国会でそれを追求する野党の政治家も少々目線が違ってはいませんか?麻生と違って、就任わずか数カ月の根本厚労大臣に今すぐ辞めなければならないほどのミスがあったとは思えませんね。それよりも野党の総力を挙げて真相を究明し、施策を正していくことが大切でしょう。野党の野党ボケを治すのが先でしょうよ。
 
ヒヨドリ(2019年1月30日 畑で)裏の八百屋のために畑に作った野菜くず捨て場でミカンをつつくヒヨドリです。ピーヨ、ピーヨと鳴くのでヒヨドリというのだとか。
 
P1300003


« 役所・企業の嘘 | トップページ | みあちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/67663230

この記事へのトラックバック一覧です: 統計問題:

« 役所・企業の嘘 | トップページ | みあちゃん »