« あけましておめでとうございます | トップページ | イノシシの逆襲 »

2019年1月15日 (火)

映画の楽しみ

 学生の頃、映画鑑賞会に入っていて、確か月300円くらいで新作の映画を毎週楽しむことができました。新作と云っても封切りしてからしばらくたったものでしたね。そのころ見た映画で記憶に残っているのは「パリのめぐり逢い」・「短くも美しく燃え」・「いちご白書」などの恋愛・青春映画です。アクションものも見たのでしょうが全く憶えていません。働くようになってからも映画には時折行っていました。しかし40歳を過ぎるころからはほとんど行かなくなりました。年1~2回行けばいいほうだったでしょう。
 
 今はもっぱらTVで放映したものを録画して楽しんでいます。週に10本以上見ますかね。NHKを含め衛星放送では1日に何本も映画を放映します。さすがに封切り直後の映画はないのですが、2年もすると話題作が見れるようになります。新しい映画もいいのですが、古い映画もうれしいですね。昨年の大みそかから元日にかけては、BSプレミアムで映画を連続して10本以上流していました。おかげでハードディスクが満杯状態です。私を知る人は意外と思うでしょうが、私は恋愛ものが大好きです。その原点は学生時代の{パリのめぐり逢い」になるのでしょうね。好きな恋愛ものをあげれば、古いものでは「カサブランカ」・「慕情」・「追憶」・「男と女」など、近年のものでは「ノッティングヒルの恋人」・「モンタナの風に抱かれて」・「君に読む物語」などがあります。そのほかの好きなジャンルではアクションもの(例えばジェイソン・ステイサムやスティーブン・セガールの映画)や SF(例えば「2010年」・「ブレードランナー」・「スターウォーズ」など)も好きです。それにしても「パリのめぐり逢い」は理由はわかりませんがTVで放映もせず、DVD化もされていません。大変残念です。
 
ロウバイ(2019年1月14日 庭で)2年前に苗木を植えたロウバイが咲きました。近づくと甘い香りがします。
 
190114


« あけましておめでとうございます | トップページ | イノシシの逆襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/67593713

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の楽しみ:

« あけましておめでとうございます | トップページ | イノシシの逆襲 »