« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月26日 (月)

移民

 今国会では出入国管理法の改正案が審議されています。目的は労働力としての外国人を受け入れるハードルを低くして、不足する労働力を補うようにすることです。今後最大34万人の受け入れを目指すそうです。ただしこの人たちの永住権は認めず、労働力が必要なくなったら帰ってもらうような虫の良い制度です。だからこれは「移民」ではないというのが政府の言い草ですが、国連では移民を「通常の居住地以外の国に移動し、少なくとも12カ月間当該国に居住する人」としています。だとすると、今度の受け入れる人たちは間違いなく「移民」に該当しますね。日本は明治以降多くの人を国策移民として外国に送り出してきました。ハワイを手始めに、アメリカ・南米などです。ブラジルだけでも13万人が海を渡っています。国外に住む日本人移民の数は、子孫としての日系人が380万人(海外日系人協会資料)だそうです。労働力として日本に渡ってきた人たちに、必要なくなったから帰ってくれと云えるでしょうか。そんなことが云える人は人としてどこか欠けているのでしょうよ。スイスのある小説家は、50年前のヨーロッパでの外国人労働者受け入れのときに、「欲しかったのは労働力だが、来たのは生身の人間だった」と述べたそうです。
 
 2065年には、日本の人口は今の2/3の8千万人台に減少するそうです。こうなると今の国力を維持するためには移民(つまり新しい日本人)に頼らざるを得ないでしょう。それがいやなら国力も2/3以下に落として我慢し、生活もそれなりのレベルにするしかないでしょう。もう発展や成長などということは放棄して、いわゆる成熟国家(熟年国家かな)としての生き方を選ぶ必要があるのではないでしょうか。
 
妙義山紅葉(2018年11月20日 妙義・相馬岳) 妙義山は、高さは1100mとそれほど高くはないのですが、凝灰質の岩峰は切り立っていて多くのコースが上級者向けとなっています。その中では相馬岳は登りやすい山ですが、それでも400m程はガレ場と岩場の急斜面を登らなければなりません。途中では両側の岩壁が覆いかぶさってきて、怖いくらいです。
 
181120

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

ヤマイモ

 我が家の北隣には八百屋(昔ながらのよろず屋さん)があって、そこの主人は休みになると山へ行き、季節によって山菜・タケノコ・キノコを採ってきます。キノコと云ってもマツタケが主で、1本1万円で売れるようなものも採ってきては私に自慢します。秋が深まると、キノコはナラタケに変わります。ナラタケは群馬ではモタセと云い、郷土料理のオッキリコミ(甲斐のホウトウとほとんど同じ)の具になり、モタセが採れるころになると、各家庭では盛んにオッキリコミが作られるようになります。北海道でもナラタケは良く食べられていて、食感からボリボリと呼ばれています。
 
 ナラタケのシーズンが終わると、八百屋さんはヤマイモを掘りに行くようになります。ヤマイモの蔓は9月頃にムカゴをつけ、11月後半になると蔓は枯れてしまいます。枯れるとヤマイモのシーズンになります。昨日も身の丈ほどのヤマイモを掘ってきて、私にこれ見よがしに見せびらかせました。我が家の畑には4年ほど前に畑や山から採ってきたヤマイモの小苗(地元の人はアンズと云います)を植えたものがあります。昨年からムカゴをつけ始め、今年はそれこそタワワにつけました。10月になるとムカゴを採り、塩ゆでして酒のつまみにしたり、ムカゴ飯で食べました。蔓が枯れてきたので昨日掘ってみました。畑の土は上から50cmほどは柔らかいのですが、それより下はスコップが歯が立たないほど固い地盤です。掘ってみると固い地盤の上でヤマイモの根はとぐろを巻いていました。それでも太い部分は5cmほどの太さがあり、バケツ一杯取れました。味は天然のヤマイモよりも癖がなく、粘りも弱いのですが、ご飯にかけたりトロロうどんにしたりして食べています。今日は会社にもムカゴと共に持って行き食べてもらいます。
 
ホトケノザの白花(2018年11月9日 自宅の畑で) ホトケノザは秋が深まると咲きだし、翌春の4月頃までは咲いている草です。普通はピンク色なのですが、畑で白いものを見つけました。初めて見ました。
 
181109

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

七十肩

 私は40才の頃に四十肩となり、それからほぼ10年ごとに五十肩・六十肩となって今七十肩です。いずれも右肩です。40歳・50歳の頃は半年程度で治ったのですが、年老いるにしたがって治りが遅くなり、七十肩の今は一年半たっても治りません。おまけに半年ほど前から右ひじの骨が出っ張ってきて、さわると痛いくらいです。薬局でバンテリンを買って入浴後に塗ってはいるのですが、あまり良くはなりませんね。右肩は15年ほど前に駅の階段から落ちて骨折したことがあり、それが尾を引いていることもあるのでしょう。
 
 考えてみれば身体に多少なりとも異常が認められるのは全部右半身です。今は大丈夫ですが一時は右足先が痺れたことがありました。この痺れは数年続きました。目は右のほうが視力が悪く、2016年の検査では左1.0に対し右0.3でした。今は少し差が縮まっています。老いるということは身体や神経が少しづつ衰えてくることなのでしょうが、次はどこに症状が出てくるか楽しんでいるところもあります。中島みゆきの「傾斜」という歌の中に「年をとるのはステキなことです、そうじゃないですか。忘れっぽいのはステキなことです、そうじゃないですか・・・」と歌っています。あの人の歌はどこからこんな発想が浮かんでくるのでしょうかね。ともあれ、時間が束になって過ぎていくこの年齢になり、あと少しは「老い」を楽しませてくれるといいのですが・・・。
 
アプトの道紅葉(2018年11月7日) 昔の信越本線のうち碓氷線と呼ばれる線は、峠越えの急こう配を登るのにアプト式とよばれる、歯車による運転が行われていました。今は電化されたり新幹線ができたりして、アプトの道と呼ばれるハイキングコースになっています。
 
181107

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

干し柿

 今年は柿が大豊作で、渋柿を大量に干し柿にした話を10月9日の本欄に書きました。最も多く作ったのは、甘柿のうちでも種が入らないと甘柿にならない不完全甘柿である禅寺丸という柿で、皮をむいて渋柿とわかったものを150個くらい吊るしました。何年か前に「ふゆう」や「次郎」の種をまいて育てたものも今年は実をつけたのですが、残念ながら渋柿でした。隣の八百屋から本物の干し柿用「アンポ柿」もいただいて干しています。
 
 去年までは多くても20個ほどでしたので、ただ皮をむいて干しただけでした。八百屋に本格的な干し柿の作り方を教えてもらい、今年はそのやり方で干してみました。皮をむいた柿をひもに5~7個ずつ吊るし、熱湯に10秒ほどつけて殺菌してから東屋の軒に吊るしました。それでも小さな虫や蜂がたかりますが、これは仕方ないでしょう。干してから1~2週間たった晴れた日に、焼酎を霧吹きで吹き付け、アルコール消毒します。ひと月ほどで程よく干し上がりました。干したうちの半分ほどを取り込み、再度焼酎を吹きかけ、40個ほどは冷凍保存し、残りは会社に持参して食べてもらっています。
 
浅間山とカラマツ(2018年10月30日) 先週は谷川岳の紅葉を載せましたが、今週は浅間山です。カラマツが程よく色づきました。これでバックの浅間山が少しでも雪化粧していれば最高なのですがね。
 
181030

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »