« 2018年10月 | トップページ

2018年11月12日 (月)

七十肩

 私は40才の頃に四十肩となり、それからほぼ10年ごとに五十肩・六十肩となって今七十肩です。いずれも右肩です。40歳・50歳の頃は半年程度で治ったのですが、年老いるにしたがって治りが遅くなり、七十肩の今は一年半たっても治りません。おまけに半年ほど前から右ひじの骨が出っ張ってきて、さわると痛いくらいです。薬局でバンテリンを買って入浴後に塗ってはいるのですが、あまり良くはなりませんね。右肩は15年ほど前に駅の階段から落ちて骨折したことがあり、それが尾を引いていることもあるのでしょう。
 
 考えてみれば身体に多少なりとも異常が認められるのは全部右半身です。今は大丈夫ですが一時は右足先が痺れたことがありました。この痺れは数年続きました。目は右のほうが視力が悪く、2016年の検査では左1.0に対し右0.3でした。今は少し差が縮まっています。老いるということは身体や神経が少しづつ衰えてくることなのでしょうが、次はどこに症状が出てくるか楽しんでいるところもあります。中島みゆきの「傾斜」という歌の中に「年をとるのはステキなことです、そうじゃないですか。忘れっぽいのはステキなことです、そうじゃないですか・・・」と歌っています。あの人の歌はどこからこんな発想が浮かんでくるのでしょうかね。ともあれ、時間が束になって過ぎていくこの年齢になり、あと少しは「老い」を楽しませてくれるといいのですが・・・。
 
アプトの道紅葉(2018年11月7日) 昔の信越本線のうち碓氷線と呼ばれる線は、峠越えの急こう配を登るのにアプト式とよばれる、歯車による運転が行われていました。今は電化されたり新幹線ができたりして、アプトの道と呼ばれるハイキングコースになっています。
 
181107

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

干し柿

 今年は柿が大豊作で、渋柿を大量に干し柿にした話を10月9日の本欄に書きました。最も多く作ったのは、甘柿のうちでも種が入らないと甘柿にならない不完全甘柿である禅寺丸という柿で、皮をむいて渋柿とわかったものを150個くらい吊るしました。何年か前に「ふゆう」や「次郎」の種をまいて育てたものも今年は実をつけたのですが、残念ながら渋柿でした。隣の八百屋から本物の干し柿用「アンポ柿」もいただいて干しています。
 
 去年までは多くても20個ほどでしたので、ただ皮をむいて干しただけでした。八百屋に本格的な干し柿の作り方を教えてもらい、今年はそのやり方で干してみました。皮をむいた柿をひもに5~7個ずつ吊るし、熱湯に10秒ほどつけて殺菌してから東屋の軒に吊るしました。それでも小さな虫や蜂がたかりますが、これは仕方ないでしょう。干してから1~2週間たった晴れた日に、焼酎を霧吹きで吹き付け、アルコール消毒します。ひと月ほどで程よく干し上がりました。干したうちの半分ほどを取り込み、再度焼酎を吹きかけ、40個ほどは冷凍保存し、残りは会社に持参して食べてもらっています。
 
浅間山とカラマツ(2018年10月30日) 先週は谷川岳の紅葉を載せましたが、今週は浅間山です。カラマツが程よく色づきました。これでバックの浅間山が少しでも雪化粧していれば最高なのですがね。
 
181030

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ