« エアチェック(2) | トップページ | キノコ »

2018年10月 9日 (火)

 今まで、我が家にある果樹のことを何回か書いてきました。今回は柿の話です。我が家には柿の木が9本あります。苗を買って植えたのは次郎柿1本だけで、あとは勝手に生えてきたり食べた柿の種を蒔いて育てたものです。当然ながら種類がはっきりしているのは次郎柿だけで、かつて隣にあった西村早生らしきものが4本、善寺丸らしきものが1本、次郎・ふゆうの種から育てたものが各1本ずつ、全く不明のものが1本でした。9本のうち実をつけたのは7本で、次郎は甘柿ですが、西村早生と善寺丸は不完全甘柿で、種が入らないと甘柿になりません。あとの3本は完全に渋柿で、次郎・ふゆうの子供も甘柿にはなりませんでした。不思議ですね。
 
 西村早生はほとんど甘柿で、渋いのは1割あるかどうかです。この柿が最も早く熟し始め、8月下旬から食べています。今はもうほとんど終わりです。次郎柿は大豊作で、今が最盛期ですが、今年は甘みがありません。善寺丸は甘柿が3割ほどです。甘柿か渋柿かは皮をむいてみなければわかりません。先週200個ほど皮をむいて、渋であった150個ほどを干し柿にしました。今年の柿は大豊作で全部で1000個くらいはなったのでしょうかね。毎日4~5個食べてはいますが、もう食傷気味です。この分では来年は不作でしょうね。
 
神津牧場の牛(2018年10月2日 上信国境・物見山) 毎年この時期はキノコを採りに物見山周辺に入ります。今年もヌメリスギタケモドキがたくさん採れました。物見山の登山道は神津牧場沿いにあり、のんびりと牛が草を食んでいました。
 
181002


« エアチェック(2) | トップページ | キノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/67256282

この記事へのトラックバック一覧です: :

« エアチェック(2) | トップページ | キノコ »