« 柿 | トップページ | 毒キノコ? »

2018年10月15日 (月)

キノコ

 今年はキノコが豊作だそうです。それに伴って事故も多く、長野県などではキノコ採りの人が何人も遭難しています。我が家の近くの山々も今年はキノコが多いと感じられます。裏の八百屋のオッサンは、秋は休みになるとマツタケ狩り(なんでマツタケは”狩り”なのか)にこっていて、先々週は大量のマツタケを持って帰りました。一番大きなものを量ったら、250gもありました。これだけ立派なものになると1本5000円で売れるそうです。小さなものをいただいてマツタケご飯やマツタケ酒にしました。
 
 私はあまりマツタケを採ることには興味なく、採るのはもっぱらハナイグチ・ヌメリスギタケモドキ・アカモミタケ・クリフウセンタケ・ムキタケ・チャナメツムタケなどです。八百屋のオッサンは「ふん、雑キノコか」と笑うのですが、キノコ汁やうどん・そばに入れて食べるには良い出汁が出るものばかりです。先週は荒船山に登ったついでに、アカモミタケとクリフウセンタケを採ってきました。採ってきたキノコは洗った後に2~3時間ほど塩水につけて虫を出し、薄めた醤油などで30分~1時間コトコト煮てから瓶詰にします。これで3~6カ月はもちます。これを大根おろしで食べたりうどん・そばの具にします。毎年の恒例で、山の恵みに大感謝です。
 
クリタケ(2018年10月10日 荒船山) クリタケはクリなどの木に株になって生えます。似た毒キノコにニガクリタケがありますが、ちょっとかじって苦いかどうか確認します。
 
181010


« 柿 | トップページ | 毒キノコ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/67276779

この記事へのトラックバック一覧です: キノコ:

« 柿 | トップページ | 毒キノコ? »