« 2018年8月 | トップページ

2018年9月18日 (火)

デラウェア

 デラウェアは小粒のブドウです。5年ほど前に苗を買って、家のベランダ前にブドウ棚を作って植えました。昨年から大量の実をつけるようになりました。このぶどうの蔓を挿し木して育てたものを、裏の畑の東屋の周りに2本植えたものも実をつけました。このほかに東屋の南側には巨峰も植えて、こちらもブドウ棚を作りました。デラウェアは小粒でもたいへん甘く、ちょこちょこと実をつまんでは食べています。種がありますがあまり気になりません。今年は昨年よりも熟すのが早く、8月中旬にはぽつぽつ食べられるようになりました。
 
 この実を狙って鳥がやってきます。昨年からは鳥よけの網を張っているのですが、網の隙間からヒヨドリが入り、出られなくなってバタバタもがいていることが2回ありました。かわいそうなので、少しおとなしくなった1日後に助け出し、「また来たら焼き鳥にしちゃうぞ」と脅して放しています。昨日は鳥よけ網を外し、8割方収穫してしまいました。残した実には小さな網をかけています。またヒヨドリが狙ってくるでしょうね。
 
ウメバチソウ(2018年9月12日 浅間山塊・角間山) 山も秋色が濃くなり、ウメバチソウやリンドウが盛りです。マツムシソウやツリガネニンジンは終っていました。今年は異常気象でしたが、山の花にはつらかったでしょうね。
 
180912

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

北海道胆振東部地震

 9月6日の午前3時過ぎ、北海道胆振地方を震源とするM6.7の地震が発生しました。最大震度は厚真町で震度7となり、1996年に正式に震度7が震度計により規定されてから北海道では最大の揺れとなりました。夕方のテレビニュースを見ていると、厚真町のあちこちの丘陵が剥ぎ取られたようになっています。強い揺れによって斜面が剥ぎ取られ、崩壊しているのです。それが何百か所(あるいはそれ以上)にも及び、そのテレビ画面を見ていると、東日本大震災のとき、宮城県の海岸に押し寄せた津波を見たときと同じような感覚を覚えました。大地の怒りのようなものをまざまざと見せつけられたようでした。
 
 夜のNHKニュースで、国の機関の専門家と称する人が、崩壊の原因について「強い揺れで斜面の表層が崩壊した」と、トンチンカンなことを云っていました。斜面の専門家のようですが、こんなコメントしか出せないのであれば、辞めちまいなさい。斜面崩壊の原因には「素因」と「誘因」があり、揺れは誘因にしかすぎません。素因の説明をしなければ本当の原因にはたどり着けないのです。まあ、急なコメントでしどろもどろになったのでしょうが、NHKが人選を誤ったとしか言いようがないでしょうね。
 
厚真町の斜面崩壊(ウェザーニュースから) 著作権に触れたらごめんなさい。本当はPASCOの空中写真を載せたかったのですが、明確に著作権がうたってあったので止めました。興味のある方はPASCOのHPをご覧ください。
 
Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

イチジク

 私が高崎に引っ越した時に庭に植えたイチジクが大きくなって、今年は今までにないくらい多く実っています。ドーフィンという種類で洋ものです。この種類は夏と秋二回実がなります。2回といっても、夏果は6月下旬から7月中旬、秋果は8月下旬から10月中旬で、ほとんど連続して実をつけます。夏果は前年伸びた枝につき、秋果は今年伸びた新枝につきます。実は子供の拳ほどもある大きなもので、たいへん上品な甘さがあるおいしいものです。消化酵素を多く含むといわれています。何年後かにもう1本植えたので今は2本となりました。木はカミキリムシの幼虫によく食べられ、虫が食った後は木の屑がいっぱい出ているのでわかります。その都度殺虫剤を食われた穴に流し込んでいます。
 
 今年の実の付けようは異常ともいうほどで、すでに300個以上採取したでしょう。時期が終わるまでには軽く500個は越えるでしょう。これだけなるとその処理も大変です、1回に数十個も取れるのですから。生で食べるのはせいぜい10個で、あとはジャムや干しイチジクにします。もはやジャムの瓶詰で冷蔵庫の野菜室が占領されています。干しイチジクは晴天が最低3日は続かないとできません。作っても十分に乾かないうちに雨が降ったりするとカビてしまいます、もう100個以上はカビたものを捨てたでしょうね。裏の八百屋にも余ったものを卸していたのですが、あまり売れないのでこの頃は買い物をした客にただで持って行ってもらっています。なんかうまい方法はないのでしょうかね。
 
ミヤマニガイチゴ(2018年8月22日 四阿山) 山も実りの秋です。ミヤマニガイチゴは7月に白い大きな花をつけます。8月も下旬になると写真のような実をつけます。実は甘酸っぱくておいしいもので、名前ほど苦くはありません。秋の山の楽しみでもあります。
 
180822

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ