« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月25日 (月)

野良仕事

 テレビをつければ毎日毎日サーッカーのワールドカップがトップで放送され、うんざりしている毎日です。何でこんなにお祭り騒ぎが好きなのですかね。変な言葉が流行り、ロシアの株が上がり、そうかと思えば日本人のごみ拾いが話題になり、この騒ぎはまだまだ続きそうです。私なんぞ、テレビはニュースしか見ないような人間ですが、そのニュースもサッカーのことが始まれば消してしまいます。へそ曲がりは年を取るにしたがって角度が大きくなるみたいです。そのうち360度回って元に戻るのですかね。
 
 先週は梅雨空が続き、雨の合間を縫って畑と庭の草取りにいそしみました。雨の後は土が柔らかくなって草が取りやすいのですが、手袋はぐしょぬれになり、土で真っ黒になってしまいます。果樹は、モモ・ナシ・リンゴに袋をかけ、ブルーべりーには鳥よけの網、イチジクは寒冷紗を切った網をかけました。イチジクには毎日ヒヨドリがけたたましい鳴き声で実を盗みに来ます。ビワは全部取って食べ終わりました。今食べられるのは、ブラックベリー・ブルーベリーとイチジクです。モモはあとひと月くらいですかね、今週は晴れが続くようで、梅雨が明けたかのような天気になりそうです。
 
グンナイフウロ(2018年6月13日 烏帽子岳) グンナイフウロは高山植物とは云えないのですが、浅間山塊ではよく見かけます。フウロソウの中では、チシマフウロに似ていて、北海道を思い出します。
 
180613

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

地震です

 昨日(「6月17日)午後2時半ころ、急に家がピシピシいったかとおもうと急に強い揺れが来ました。縦揺れと横揺れが一緒に来たような揺れで、20秒ほど続きましたかね。結構揺れたものの、ものが落ちたり倒れたりするほどではなく、震源は近いけれども震度4くらいかなと思いました。あとで見たTVニュースでの発表では、震源は群馬県南部(足尾山地の方向)で、渋川で震度5弱、前橋で4、高崎では3でした。
 
 この頃地震が多いです。先週は千葉県で連続地震があり、北海道でも十勝沖で地震がありました。今朝は、大阪で震度6弱を記録したそうです。死者も出ているとか・・・。千葉・北海道・群馬の地震はマグニチュード4程度でしたが、大阪の地震は6.1と桁違いに大きなものです。今年は、草津白根や霧島連山をあげるまでもなく、火山活動も活発になっており、どうも日本列島が風邪をひいたのか震えているようです。
 
ベニバナイチヤクソウ(2018年6月13日 浅間山塊・烏帽子岳) 烏帽子岳は湯ノ丸の西にある山で、登るときは湯ノ丸とセットで登ります。花は湯ノ丸よりもはるかに多く、今の時期はカバレンゲツツジ・ハクサンチドリ・ムラサキヤシオなどが満開です。
 
180613

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

ゆあちゃん

 この頃、胸糞が悪くなるニュースが多い中、これほど胸が締め付けられたニュースはなかったでしょう。たった5歳の女の子が、両親に殺された事件です。結愛(ゆあ)ちゃんは、3月に義理の父親の雄大と実の母親の優里に殺されました。保育園や幼稚園には通わせず、食事は一日1回、風呂場で冷水を浴びせたり、暗い部屋で書き取りをさせたり、殴ったりの虐待を繰り返した結果です。満足に食事をさせなかったのを、雄大はゆあちゃんが太ったからと云ったそうですが、ゆあちゃんは同じ年ごろの子供の体重の2/3程度しかなかったそうです。こんなに愛らしい名前を付けられても、たった5年しか生きられなかったとは、あまりにも悲しすぎます。
 
 ママとパパにいわれなくっても しっかりとじぶんからもっともっときょうよりか あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします
 
 これも、暖房も電気もない暗い部屋で書いたのでしょう。こんな心の叫びを聞いたことはありません。神も仏もないのかと天を仰いで涙がこぼれます。願わくば、天国でやさしい人たちに囲まれて、おいしいものを一杯食べてくださいね。
 
ムラサキヤシオ(2018年6月5日 四阿山)四阿山はアズマシャクナゲが満開でした。このムラサキヤシオも満開で、八回染め上げたという名前の通り、見事な色を見せてくれています。
 
180605

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

 その昔、中条きよしが「うそ」という曲を歌って大ヒットしたことがありました。1970年代台と思いますが、100万枚以上売れたのではないでしょうか。恋人に嘘がばれるという歌でしたが、こんな嘘はかわいいものでしたね。今は嘘だらけの世の中で、芸能界だけではなく政治・経済・スポーツ・犯罪の世界で、嘘に嘘を重ねて墓穴を掘ったり、TVマイクの前でしらじらしい嘘を重ねてひんしゅくを買う人が、何でこんなに多いのでしょうかね。嘘をつく人もいればそれをかばう人もいて、まるで漫画の世界ですよ。ウソがばれたら、せめてそれを都合よくかばうのだけはやめてもらいたいですね、菅さん。
 
 学園の事務長が、会っていないのに会ったことにして、補助金を得る市や県に嘘を云い、そのことが大問題になると、マイクの前で他人事のようにお詫びしていました。でも、本当は会っていたのではないかとも思えますよ。アメフトの監督は、相手にけがをさせるような指示をしたにもかかわらず、「それは選手の誤解です」みたいなことを平気で云っていましたね。仮に誤解だとしても全責任は監督にあるでしょうに・・・。もうこんな人たちには退場願いましょうよ。そうでないと若い人たちが見習って、何年後には嘘かほんとかわからない世の中になりますよ。
 
シロヤシオ(2018年5月29日 赤城・長七郎山) 長七郎山の頂上から小沼湖畔にかけて、シロヤシオの大群落が見られます。ここのシロヤシオは丹沢以上でしょう。今年は当たり年のようで、満開のシロヤシオにトウゴクミツバツツジとヤマツツジも見事でした。
 
180529

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »