« 厚顔無恥次官 | トップページ | もの忘れ »

2018年5月 7日 (月)

古いレンズ

 私がカメラはオリンパス党であることは、何回も述べていることです。学生の頃はペンEEを使っていたのですが、働き始めてお金をためてOM-1を購入した(確か1973年)のが本格的にのめりこむきっかけでしたね。OM-1を2台とOM-2を1台、ペンFT1台をもって、北海度の景色・山・汽車を撮りまくりました。白黒・カラーとも現像・プリントにまで手を出しました。懐かしい思い出です。今はフィルムカメラは最初に買ったOM-1が1台あるきりです。2005年頃までは使っていました。今は、カメラ側の絞り連動レバーが動かなくなり、露出計用の電池も売ってなく、使える状態ではなくなりました。それでも、後生大事にレンズと一緒に大切に保管してあります。
 
 今ではデジタルカメラの時代となり、私も現在はデジタル一眼レフ2台で、もっぱら山と花の写真を撮っています。OMのレンズも手持ちの一眼レフに装着はできるのですが、フォーサーズの一眼レフではどうも露出がうまく合わなくて、結局はお蔵入りでした。ところが、この前念のためマイクロフォーサーズのE-M1に付けて見たら、これが見事に撮れるのですね。なかでもOM  ZUIKO 50mm F3.5マクロは素晴らしい写りです。どうしても今のデジタルレンズはキレがよすぎて硬い感じになるのですが、このレンズはほんわりした仕上がりになります。また、山へ登るのが楽しみになりました。
 
ニッコウキスゲ(2018年5月4日 自宅の庭で) 例年よりも1カ月近く早く咲いたニッコウキスゲをOMの50mmマクロで撮ってみました。どうです、いい感じでしょう(自画自賛)。40年以上前のレンズとは思えませんよ。
 
180504


« 厚顔無恥次官 | トップページ | もの忘れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66694060

この記事へのトラックバック一覧です: 古いレンズ:

« 厚顔無恥次官 | トップページ | もの忘れ »