« 裁量労働制 | トップページ | わが国も捨てたもんじゃない »

2018年3月12日 (月)

7年前のその日

 3月11日で東日本大震災から7年になりました。あの日私はお客様を訪ねて品川に行っていました。駅を降りて5分ほど歩いていた時、急に足元が不安定な感じがしました。歩いているとすぐには地震だとわからないものですね。立ち止まって前のビルを見ると、マッチ箱を長くしたようなビルがしなってゆっくりと揺れていました。まるでスローモーションでも見るようなゆっくりとした動きでした。お客様に連絡しても電話は通じません。しばらく余震が収まるのを待って駅に戻りましたが、もちろん鉄道は全部とまっています。なんかの情報で東北地方の太平洋岸で大きな地震があったことを知りました。まずは会社帰ることを考えましたが、交通網がズタズタなので、歩いて行けるところまで行こうと考え、東京駅に向かいました。夜に入って東京駅に着き、鉄道の再開を待ちました。
 
 地下通路に座り込んでテレビを見ると、東北太平洋岸に押し寄せる津波の映像が、繰り返し流されていました。正直なところ現実味が乏しく、夢を見ているような気分でしたね。9時過ぎですかね、地下鉄が少しづつ動き出して、10時ころに板橋の会社にたどり着きました。帰れなかった社員と夜を過ごし、翌朝JRが動きそうだとの情報で板橋駅に向かいましたが、待てど暮らせど電車は来ません。1時間ほど後に来た電車に乗り、赤羽で高崎線に乗り換えて、走ったりとまったしながらのノミの歩みのごとくの電車で高崎駅にたどり着いたのは夕方近くでした。駅から何とかタクシーをつかまえ家にたどり着きましたが、家で待っていた老母の顔を見てようやく一息付けたのを思い出します。
 
梅(2018年3月7日 庭で) 家の居間からは梅の花を見ることができます。巷では梅干を作る南高梅ですが、私はこの梅で梅酒を作ります。去年は1kgほど収穫でき、梅酒を1升つけることができました。6月になったら開けましょう。実はジャムにします。
 
180307


« 裁量労働制 | トップページ | わが国も捨てたもんじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66488624

この記事へのトラックバック一覧です: 7年前のその日:

« 裁量労働制 | トップページ | わが国も捨てたもんじゃない »