« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月26日 (月)

オリンピックが終わりました

 2週間続いた平昌オリンピックがようやく終わりました。新聞すべてがスポーツ紙になり、ニュースはスポーツニュースとなって、日本の文化はこんなものさと斜めに見ていた日々が終わり、ようやく通常の日常に戻れそうです。隣の国での、それも冬季オリンピックでこの状態だと、2020年の東京オリンピックはどうなるのでしょうかね。真夏の最も暑い時期に開催され、出場者の中にも暑さで倒れる人が出てくるのではないでしょうか。開催国よりもテレビの中継料を一杯払ったアメリカやヨーロッパに合わせて、とんでもない時間に競技をすることになるのではないでしょうかね。
 
 平昌オリンピックでは、メダルの獲得数が13個になり、史上最多だそうです。しかしですね、2番目に多い長野オリンピックでは10個だったのですが、長野オリンピックの競技数は68種、今回は102種で倍近い数ですよ。そんなに浮かれていいのですかね。ちなみに札幌オリンピックは競技数35種で、メダルは3個だったそうです。ジャネット・リンが懐かしいですね。
 
フクジュソウ(2018年2月23日 庭で) フクジュソウが咲きそろいました。フキノトウも出始め、この前ひとつだけ刻んで味噌汁に入れました。春ですねえ。
 
180223

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

オリンピック嫌い(2)

 先回山ほどオリンピックの悪口を書きました。嫌いな理由も述べました。同じように考える人がたくさんいると見えて、いろいろな考えが新聞等で紹介されています。競技の開始時間が欧米のTV視聴ゴールデンタイムに合わせて決められていることなどには、選手の中からも批判があるようです。10日の午後11:15開始となったスキージャンプ男子ノーマルヒルでは終了が翌日の0時を過ぎました。あのレジェンド葛西でさえ「中止」と思い、「ジャンプ台の上で寒さに震えていた」と話しているほどです。
 
 この頃のオリンピックはとてつもない収益が見込めるTV放映権で稼いでおり、選手のコンディションなどは二の次です。IOC(国際オリンピック委員会)の収益は、2013~2016年で51億6000万ドル(約5700億円)だそうです。そのうちTVの放映権料が80%を占めており、アメリカが放映権料の51%を占めるそうです。このためIOCの顔は、選手にではなくアメリカに向いてしまっているのです。IOCが設立した五輪放送サービス(OBS)の委員長は、「競技日程はテレビ視聴者を最大化するためにデザインされている」と話したそうです。これって、なんか異常ですよね。2020年の東京でも同様なことが行われるのでしょうね。オリンピック憲章はどこへ行ってしまったのでしょうか。
 
スノードロップ(2018年2月18日 庭で) 我が家で春一番に咲き始めるのは、スイセン・フクジュソウとこのスノードロップです。ネコヤナギも毛並みがよくなってきていてもう少しで咲きそうです。
 
180216

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

オリンピック嫌い

 ここでもかつて何回か書いたことですが、私はオリンピックが嫌いです。テレビにオリンピックの競技が映るとチャンネルを変えるか消してしまいます。昔から嫌いだったわけではないのです。東京オリンピックの頃は私も応援しましたし、市川崑の東京オリンピックの記録映画に感動したくらいです。私が高校1年のときで、遠い昔の話です。昔、オリンピックには「より速く、より高く、より強く」というような標語がありました。うろ覚えですので、順番や言葉は違うかもしれませんが、東京のとき、アベベ、三宅、ヘーシンクなどはまさにこの標語の通りでした。それが今のオリンピックは何ですか。さあ、showタイムの始まりです、という感じです。
 
 オリンピックの開催に何千億円もかけたり、テレビ中継に何百億円も払ったり、優勝したらバカ高い報奨金を出したり、私にはどうにも狂っているとしか思えません。今平昌オリンピックがたけなわですが、競技種目は100を超えるそうです。昔は、雪と氷の上をすべるだけの20~30程度しかなかったのではないでしょうか。金儲けと派手なショーで人を呼ぶために、競技数を増やし、4年に1度の開催を夏冬をずらして、実質2年に一度にしてしまうなど、商業主義もここに極まりましたね。もうやめましょうよ。
 
ツグミ(2018年2月11日 庭で) 3回続けて鳥です。鳥たちは大体午前中に多く来ます。朝納屋に出勤するときに、カメラと望遠レンズを持って行き、納屋の窓からそっと写します。もっと近づいて撮りたいのですが、なかなか難しいですね。とまっている枝は、タラノキで、まだまだ冬芽が固いです。
 
180211

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

嫌な事三つ

 ここ何日かに嫌なニュースが立て続けに耳に入ってきました。最初はトランプが一般教書演説で、核兵器の増強に踏み切るとの話です。トランプは通常兵器で攻撃されたとしても、核兵器で反撃することもあるとも云いました。通常兵器の量と質はアメリカが世界でダントツです。ロシアは通常兵器ではどうあがいてもアメリカに勝てないから核兵器(それも小型のもの)を増強したのです。それをトランプはロシアが増強しているからアメリカも増強するというのです。北朝鮮や中国の核兵器も増強の言い訳にしています。こんな矛盾に満ちたことをトランプという人間?はシャアシャアと言ってのけるのですから開いた口がふさがりませんね。
 
 次は、今朝のニュースで沖縄県名護市の市長選挙で、自民党系の候補が当選したということです。これが本当に名護市民の民意なのでしょうかね。沖縄県の翁長知事は、基地問題ではあまりにもかたくなすぎて少々歯がゆいところがあったので、あまり好きにはなれなかったのですが、少なくとも沖縄県民の心に沿った言動をしていると思ってはいました。これで、沖縄県・国の関係はどのようになっていくのでしょうか。少々心配です。それと、金曜日から平昌オリンピックが始まります。私にとってはこれも頭痛の種ですね。
 
ジョウビタキ(2018年2月4日 庭で) 冬は鳥にとっても餌が少なく、エサ探しが大変のようです。我が家ではスズメ用にエサ場を設けているのですが、裏の畑にはスズメのほかにも多くの鳥がエサを探しに来ます。ジョウビタキはスズメくらいの大きさで、かわいい鳥です。
 
180204

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »