« オリンピック嫌い | トップページ | オリンピックが終わりました »

2018年2月19日 (月)

オリンピック嫌い(2)

 先回山ほどオリンピックの悪口を書きました。嫌いな理由も述べました。同じように考える人がたくさんいると見えて、いろいろな考えが新聞等で紹介されています。競技の開始時間が欧米のTV視聴ゴールデンタイムに合わせて決められていることなどには、選手の中からも批判があるようです。10日の午後11:15開始となったスキージャンプ男子ノーマルヒルでは終了が翌日の0時を過ぎました。あのレジェンド葛西でさえ「中止」と思い、「ジャンプ台の上で寒さに震えていた」と話しているほどです。
 
 この頃のオリンピックはとてつもない収益が見込めるTV放映権で稼いでおり、選手のコンディションなどは二の次です。IOC(国際オリンピック委員会)の収益は、2013~2016年で51億6000万ドル(約5700億円)だそうです。そのうちTVの放映権料が80%を占めており、アメリカが放映権料の51%を占めるそうです。このためIOCの顔は、選手にではなくアメリカに向いてしまっているのです。IOCが設立した五輪放送サービス(OBS)の委員長は、「競技日程はテレビ視聴者を最大化するためにデザインされている」と話したそうです。これって、なんか異常ですよね。2020年の東京でも同様なことが行われるのでしょうね。オリンピック憲章はどこへ行ってしまったのでしょうか。
 
スノードロップ(2018年2月18日 庭で) 我が家で春一番に咲き始めるのは、スイセン・フクジュソウとこのスノードロップです。ネコヤナギも毛並みがよくなってきていてもう少しで咲きそうです。
 
180216


« オリンピック嫌い | トップページ | オリンピックが終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66410914

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック嫌い(2):

« オリンピック嫌い | トップページ | オリンピックが終わりました »