« 寒くなりました | トップページ | 寒い日が続きます »

2018年1月 9日 (火)

仏教とたましい

 新年早々難しい表題をつけました。この正月はおめでとうと云えない事情があり、新年の賀詞は述べません。毎年正月5日は鎌倉に出向きます。我が家の菩提寺は鎌倉五山の一つ建長寺で、高崎から新幹線に乗って行きます。1月5日は寺の新年のあいさつがあり、檀家が集まるのと、わが父の命日でもありますので、このところ欠かさず出席しています。父は1971年の正月5日に、胃がんで亡くなりました。あと何年かすると50回忌になります。父が亡くなったのは56歳で、私はとうにその年を超えています。父が亡くなった年齢を超えたことは私にとって大きな節目でしたね。
 
 建長寺の広報誌に「巨福」という小冊子があります。毎年新年にはその小冊子をいただいて帰ります。その中に宗教学者の正木晃さんが書いた文章がありました。現代の日本仏教では「たましい」の存在を認めている宗派はほとんどないということです。真言宗と日蓮宗は存在を認める数少ない宗派で、浄土真宗は否定しているし、ほかの宗派はほとんどあいまいだそうです。昔の仏教はそうではありませんでした。昔の日本仏教は霊魂実在論をとっていました。そうでないと陰陽師はいなくなり、梅が枝もちも食べられないことになるでしょう。仏教の考え方も不変ではなく、こんなにガラッと変わるものなのですね。
 
群馬の山々(2017年12月26日 碓氷バイパスに近い稲村山から) 手前の岩山は山急山と五輪岩、奥は榛名山、右奥は赤城山。稲村山(953m)は、登山口から1時間ほどで登れる山で、碓氷峠に近く、浅間山がよく見えます。この日の浅間山は雲に隠れていましたので、榛名山方向を撮りました。
 
171226  
 


« 寒くなりました | トップページ | 寒い日が続きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66259177

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教とたましい:

« 寒くなりました | トップページ | 寒い日が続きます »